« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

頑固ジーコ欧州組優先

頑固ジーコ欧州組優先

絶対視の姿勢は軟化したが、欧州組優先の方針にも変化はない。「ある一定のところまで欧州組で戦って、途中からコンディションのいい国内組を投入する。これからもそれは変わらない。ただ、彼らの体調の見極めが勝つために重要」大金星の直後の会見ではこう話し、基本方針まで覆そうとはしなかった。

ノーコメントだってばぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SANSPO.COM

SANSPO.COM

重み。それは方向転換のきっかけになったことをさす。試合後に「国内組と欧州組に雲泥の差があるわけじゃない。これをいかに生かすか。クオリティーの高い選手をひと抱えにできるのはうれしい」と発言したが、この日も国内組について「自分たちにもできるんだと気持ちが高まっている」と語った。

あまりにもバカすぎてノーコメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコ解任論3

なんか、まだ騒いでるほどじゃないが、戦術的なことは
おなじみの『La Societa ラ ソチエタ』に書いたとおり。
ここでは、それ以外に書けなかった、感情やその他のことについて語りたいと思う。

昨日のいや、もう一昨日になるのか、チェコ戦である。
「勝ってしまった」というのが一番である。
ジーコ解任派だろうと擁護派であろうと、本気でチェコに勝てると思ってた人は少ないハズ。
もし思ってた人が居るならば、それはどうにかしてる。最低でも「やってみないとわからん」でないと。

日本がチェコに勝ったのはイイことである。それを否定できる、試合内容ではなかった。
(オマーン戦や、シンガポール戦は試合内容否定できる)
ましてやアウェーで、あの内容だったら素晴らしいとしか言えない。
だけど、いくら勝っても、チーム力からすれば、「チェコ>日本」よ。
これはFIFAランクがどうのこうのでなく。仮にFIFAランク出しちゃうと、72位のハンガリーに負けた日本は
「ハンガリー>日本」になっちゃうしね。
弱い者(ランクの低いチーム)が、強い者(ランクが高いチーム)に勝つから、サッカーって面白いんだよ。

結果だけ追求していったら、「韓国>日本」というW杯での成績から見てこうなる。
ところが、日本人は誰も韓国より劣っているなんて認めたくないはずだ。
それは、日韓戦ってのが、いつも熱い何かを感じさせるからだ。

だが、ドイツW杯予選でそれを感じた人はいるだろうか?
正直オマーン戦なんて、ロスタイムで帰ろうかと思ったよ。
1-0で勝とうと、10-0で勝とうと、熱いハートがこもった試合が見たいのである。

例えば6-3だった97年のフランスW杯予選vsウズベキスタン戦。
カズがハットトリック決めて誇らしげにカズダンスやる姿など、熱く感動させサポーターを一体にしてた。

他には2-2だったハッサン2世杯vsフランス戦。
結果的にはPKで大会としては負けたけど、熱く躍動したのは森島のガンバリだった。

あるいは、最近では日韓W杯予選グループ初戦のvsベルギー戦。
この試合も引き分けだった。しかもホーム。だが熱くさせたのは稲本であり鈴木であった。

それがチェコ戦で垣間見れたのは、賞賛に値する。
だが、1試合の勝利で、全てが終わるわけではない。
これを次につなげる努力を怠るようであれば、やはりジーコは辞めるべきである。

ポイントは「3バック」と「欧州組」である。
なんかうまくまとめられなかったので、続きはまた今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

馬鹿島の実態

はい。まいどおなじみヤフチャですが。

ogasawara_sekaiichi1103: シカトすれば問題ないこの部屋だがね
ogasawara_sekaiichi1103: あdlbj¥b」AD{Fnえdgn
ogasawara_sekaiichi1103: sdgnsdtgん「」sdgえdgnえdgn
ogasawara_sekaiichi1103: gんdgngn
ogasawara_sekaiichi1103: dgnndgngngngndgndgngndgndfn
ogasawara_sekaiichi1103: dgn
ogasawara_sekaiichi1103: ddg
ogasawara_sekaiichi1103: gfn
ogasawara_sekaiichi1103: gdggfngfngfn
*** ogasawara_sekaiichi1103 さんを無視します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SANSPO.COM

SANSPO.COM

今年2月22日、W杯アジア1次予選のオマーン戦(同月18日)後にジーコ監督の解任要求デモを行った「ジーコ監督の解任を求める会」が、5月1日に再びデモを計画している。同会は「いまだ日本代表を取り巻く状況に好転の兆しがない」と主張。東京・港区の芝公園23号地で解任を求める公開質問状の採択、人文字によるアピールを予定している。しかし、強豪チェコに勝ったことで、解任へのトーンは下がらざるをえない?


サンスポに見透かされてますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコ解任論の続き

さて、ジーコ解任と言えば、UGのとこのデモ隊だが、
今回は人文字作成だったそうだが
(ってよりも人文字なんて作成することにどこが意味あるのだろうか?と思っていたが)
チェコ戦の結果を受けて「延期」するそうだ。


「延期」であろうと「中止」であろうと言葉はどうでもイイんだが
「実行しない」のはおかしいだろ。
これじゃ、いくら解任派のオレでもおかしいとしか思いようがない。
要するにこのデモ隊のやつらは、結果に左右してしか動けないのである。
「コレがこうだから、デモやるんです」っていう考えがなく
「負けたから、デモやるんです」っていうあさはかな考えなのである。

ひそかにオレも、第2回のなんかやるぞって決まってたときには、
UGの運営者とメールで接触してたのだが、
「人文字」ってのが決まったときに冷めかけていた。
それが、今回の無責任な延期で、完璧に冷めた。
ちなみに署名サイトも署名活動中止してた。

FIFAランク9位のチェコに勝ったから止めますなんて
結局こいつらが一番、内容を見てないんだろうな。
(ココで言う内容とは、試合に至るまでの準備なども含む)

細木数子は


次なんて言うか






楽しみだ










| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジーコ解任論について

まず先に大前提として言っておくこと。
個人的に「ジーコは辞めるべき」だと思っている。
それは目先のことだけでなく、今までの結果と試合内容をトータルに見てだ。
現実問題、ジーコが監督になって何勝何敗だろうと構わない。アジア1次予選で1位だろうと関係ない。
ジーコの考えてるサッカーには未来がないということである。
その根拠として、ジーコの考え方にあると常々言ってきた。
単純な話で、「言ってることを守らない」っていう部分である。

ただ今回は「言ってることを守らないことが当たった
つまりは、4バックから3バックに変えたことである。
前から日本には3バックがあってるという論調を転じてきた自分的には
それが実証された結果であると思う。(東アジアでも3バックは結果を残したし)
イタリアやフランス、ブラジルならば4バックでも構わない。
だが、ココは日本であり、ジーコが率いてるのは日本代表なのである。

その3バックで挑んだ欧州遠征、まぁ結果は残したと言える1勝1敗だし。
ちなみにハンガリー戦のPKは、「ファール」だと思ってますが何か?
チェコはピークすぎちゃったね。もうダメだ。W杯の時のポルトガル見てるようだ。

ただ、欧州遠征の結果だけを見て、一喜一憂するような問題ではないと思う。
チェコに勝ったことで隠れてしまうであろう問題がある。
それはGK土肥と、DF永田の存在である。
永田は最初から招集されていたにも関わらず、緊急招集された茶野に出番を奪われた格好だ。
これは非常におかしい。だったら、最初から茶野を呼んでおくべきだし、永田の存在価値は何であるのか。
(田中誠は中央のDFとしてラインコントロールを任せられてるので、永田のポジションとはかぶらない)
またGKも問題である、川口はなぜ呼ばれたのであろう?
クラブで結果も残せずベンチに追いやられてる人間に、代表の資格なんてあるのだろうか?
仮に今回が欧州なので、時差とか問題にするのならば、土肥は呼ぶべきではない。
これも土肥の存在価値とは何であるのか。
最初から合宿に参加していた選手が冷遇されるのならば、やはりジーコに監督を任せておくのは問題がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイター通信ニュース

ロイター通信ニュース

ブラッター会長は「試合は感情や情熱を伴うドラマティックなもの。ドローの結果では満足できない」と引き分け廃止の必要性を語った。

(・∀・)カエレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコどこ見てんだよ

5月11日号(つまり今日発売)の「週刊サッカーマガジン」に興味深い表が載っていた。
タイトルは「で、ジーコどこ見てんの?」(P.95)
ジーコが視察した試合のリストを載せているのだが。

まず天皇杯は全く見ていないとのこと。
つまり観戦0試合である。
まぁ、それはそれでイイだろう。どーせジーコになんぞ誰も期待してないのだから(馬鹿島以外は)

問題はその観戦した試合の内訳である。


馬鹿島15試合


( ゚д゚)ポカーン
そのうち馬鹿島主催のつまりホームゲームは14試合「も」観戦しているのである。

それに次ぐのは、浦和とマリンズの12試合
柏、市原はさらに次ぐ10試合である。

さて、お気づきの皆さんもいるだろう。

近年、最強を誇る磐田がランクインされてないのである。

磐田と言えば、馬鹿島の脳内では「Jの2強」として騒がれていて、
日本国内のみならずアジアも制しているチームである。
そんな磐田は、東京V、G大阪よりもさらに見られていないのである。

な、なんと8位
全く見てないと言っていいだろう。
さらにDF陣が故障したにも関わらず、神戸の土屋を招集しない、今現時点では動きのイイC大阪の森島など
ジーコの目に留まらないのはこの表を見れば一目瞭然なのである。

ちなみに同じ号で、ジェレミ・ウォーカーという電波ライター(アンチジーコだが)、
前から市原見ろって言ってるのに、まさか選ばれたのが茶野とは!?
と驚いている。彼の持論としては、佐藤勇人や羽生などを指していたのである。
茶野はイイ選手である。それは「市船三羽烏」として市原に入団した頃から知っている。
だが、新潟戦の1ゴール1アシストで代表に召集されるほど、代表というモノはレベルが低いのだろうか?

こんな時には、ジーコが最初に召集していたベテランを招集すべきだったのでは?
田中誠や茶野はアトランタ世代だから、年齢的にはベテランの域である。
だが、特に茶野の方に関しては、国際試合の経験が乏しいと言わざる得ない。
(結果、ゴール前の不用意なファールをDF陣が連発し全てセットプレーによる失点に結びつく)
それだったら、経験が豊富なベテランを要して、西や玉田などの若手をフォローさせる
役目を担わせるという考えはおきなかったのだろうか?
若手に全て変えるのはフレッシュさではイイが、経験が足りない。
そんな時に、Aマッチ出場歴のない選手を3人も先発させるよりも、いつ呼んでも準備ができてるであろう
ベテランが必要になっていくのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬鹿島はサッカー界の恥部

内容的には的をえてるが、今までの行為を正当化しているようにしか見えない。
前から馬鹿島が汚いのは、周知の事実。
http://www.antlers.port.ne.jp/antlers/RELEASE/040415171516.html

馬鹿島のファンは、馬鹿島を応援する自分が好きであって、サッカーは好きではない。
それは某チャットでもおなじみの行為である。
馬鹿島のファンは、自分の意見を持っていない。
組織的な意見(マスコミの意見等)を自分の意見とすり替え
意見を他人に押し付けるのである。

真のサポーター(一般的なサポーター)は、サッカーが好きであり、なおかつチーム(選手)が好きな人たちを指す。
他人に迷惑をかけないで、選手やチームを応援してこそ、真の『サポーター』であると思う。
他人に迷惑をかける奴は、「サポーター」にあらず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - コンピュータ - MYCOM PC WEB

Yahoo!ニュース - コンピュータ - MYCOM PC WEB

オランダは、人気キーワードに「idols」「britney spears」「hilary duff」とアイドル関連が多かった。「アニメキャラクター」部門では「Spongebob(スポンジ・ボブ)」「Nemo(ニモ)」に続いて「shin chan(クレヨンしんちゃん)」が第3位。


感動するからな映画は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - スポーツ報知ホームページ

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - スポーツ報知ホームページ

自身の関連施設で子供5人が保護されたことが発覚し、幼児虐待の疑いもかけられている元「X JAPAN」のボーカル・TOSHI(38)が10日夜、東京・八重洲の東京建物八重洲ホールでコンサートを行い、ファンの前で引退を示唆する発言を行った。


元X-JapanのファンからTOSHIへ
早く引退しろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - 九州 - 西日本新聞

Yahoo!ニュース - 九州 - 西日本新聞

全国の主要な小売店三十社が、家電リサイクル法に基づいて回収した廃家電約七万八千台がメーカー側に引き渡されていなかったことが九日、経済産業省と環境省の調べで分かった。行く先は不明で、不正に処理された可能性もあることから、環境省は同法の運用見直しを検討する


関係ないがうちのTVが壊れそうだ
日テレとフジだけが映らん=TVの役目として成り立たず
テレ朝、TBSは映りが悪い
NHKとテレ東は普通に見れる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

住所は架空の「春日部市双葉町904」で、一家の愛犬「シロ」も備考欄に記載された。

住民税は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミランのセードルフ、スタジアムに置き去りに?=セリエA

スポーツナビ | ニュース | ミランのセードルフ、スタジアムに置き去りに?=セリエA

ミランのセードフルが、モデナのスタジアムに置き去りにされた。
 日曜(4日)にモデナで行なわれた試合の後、ロッカールームに彼を残したまま、ミランの専用バスが出発してしまったのだ。出発して5分後に、セードルフが乗っていないことに気づいた広報担当者が慌ててスタジアムに戻ったという。もちろん、セードルフがかなりイライラしながら待っていたのは言うまでもない。


お前は長島かよ(;;´;;Д;;`)ハァハァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知名度の差!?

Yahoo!スポーツ - ニュース - 毎日新聞

細川はサイクル安打達成。

あまりにも扱いが小さいのでウチでも取り上げてやる(*´ω`)プッ

ちなみに
女子マラソンの高橋尚子選手(31)が4日、埼玉県吉川市で開かれた「吉川なまずの里マラソン」に参加
よりも扱い小さいですが何か?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 夕刊フジ

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 夕刊フジ

「あれはテレビの中で作られたイメージ。番組のスタッフから、事前に『バトルをしてくれ』という要望もあって…。私もやり過ぎちゃったところはあるけど…。きちんと反論できなかったのもいけなかったのかな」


こんな当たり前のことを、わざわざ言うから『イヤな奴』なんだよ(*'▽')あほか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - 社会 - 時事通信

Yahoo!ニュース - 社会 - 時事通信

暴走族のOBらが統一グループ結成を現役に呼び掛け結集。中にはエンジンの爆音で「ドラえもん」や「メリーさんの羊」を演奏しながら暴走していた男もいたという


アホですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭教師(;´Д`)ハァハァ

トルシエ先生
無名私立五流大学出身で海外留学は豊富だが、それがアフリカであることはバレていない。
母親が海外経験だけで選んだが、父親とはウマが合わなく批判を繰り返す。
どんなに優秀な子供でも、絶対に特別待遇はしない。
勉強法は、同じ問題を繰り返し復習させることで、個人の能力が上がったと錯覚させること。
同じ問題を繰り返し復習させることにより、その問題が出た時は非常に力を発揮できるが、応用問題には免疫ができていない。
滑り止め大学はしっかり抑えて、それ以上に良い大学に合格できればイイと思ってたりもする。
子供には自信を植え付けるのも得意分野である。


コインブラ先生
一流国立大学を卒業したが、その後は無職で放浪を繰り返す。
しかし、父親から多額の給料を支払われることを条件に極東の国へとたどり着く。
自身のプライドが非常に高く、子供には一流大学合格を目指せとばかり言う。
勉強法は特にないが、優秀な子供には特別待遇を施す。
また子供の結果が悪いと、自分は悪くなく優秀な子供達が遅刻したせいだと言い張る。
子供の結果が良い時には、全て自分のおかげであると言い張る。
優秀な子供はたまに欠席することがあるが、普通の子供は皆勤しても声がかかることはない。
それでも優秀な子供は特別待遇で欠席もチャラになってしまう。
自身は優秀な子供であったがために、「一人でできた」と思う節があるが、周りのおかげであることには気づいていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言い訳

「ジーコ監督は欧州組を信頼している」田嶋幸三技術委員長
「着実に前に進んだ」ジーコ監督
「このままでは乗り越えられない壁が来る」中田英寿
「次も同じならワールドカップはない」中村俊輔
「監督と話をしてみたい」宮本恒靖
「得たものは自信」玉田圭司
「カウンターの時に相手の人数が余っていた」加地亮
「フィニッシュがすべて」稲本潤一
「最初からテンポが良くなかった」三都主アレサンドロ
「簡単には勝たせてはくれない」小野伸二
「シンプルに動き回った」藤田俊哉
「サポーターが来てくれたのに情けない」楢崎正剛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »