« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

中尾違い

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - サンケイスポーツ

阿木、かたせ、中尾がベストスイマー賞受賞!

中尾彬かと思ったら

中尾ミエでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見せたくない番組

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

<見せたくない番組>小5は「クレヨンしんちゃん」トップ
「子どもに見せたくない番組」の調査では、小5が「クレヨンしんちゃん」がトップで、「ロンドンハーツ」「水10!」と続いた。中2は「ロンドンハーツ」「水10!」「めちゃ2イケてるッ!」。

(*'▽')あほか・・・・

クレヨンしんちゃんの純粋さなんて、涙ものだぞ
これだから素人は

クレヨンしんちゃんは、ぜひ見せるべき
カスカベ防衛隊の友情を学ぶべきである。
クレしん見ないから、殺人小学生なんか出てくるんだよ(o´∀`)o クスクス
他にあがってる番組は、普通につまらないので、見る必要はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に実在した!?

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

東京都立南葛飾高校の今春の入試で、本人が知らない間に別人が受験し、合格して入学手続きをしていたことが分かった。入学式も含めて一度も登校しなかったことから、担任が母親に問い合わせて、発覚した。


南葛高校(;;´;;Д;;`)ハァハァ


静岡県清水市・静岡市が合併するときに、「南葛市」が候補にあげられたが却下。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド戦を後にして

前述の「インド戦を前にして」の続編です。

さて、日本は7-0でインドに勝利しました。まぁ、得失点差を考慮しなければならない試合で良い出来でした。
(朝起きるまでは・・・)

オマーン7-0シンガポールΣ(`0´*)ヌォ
これで、得失点差でまた+1負けています。
日本が全勝すれば問題ない。でも、その保障はどこにもないのである。
前述の「インド・・・」を見てもらえばわかるが、当該成績ではないのである。
あくまでも得失点差が有利になる。
オマーン以外に負けてもダメなのである。

日本が7-0で勝った事実はある。
だが、うかれててイイんですか?
アウェーのオマーン戦までに、稲本以外の重傷や軽傷出るかもしれないよ?

ジーコは相変わらず、Jリーグ見ないでブラジルへ帰りました。
何してんのアンタ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のお釜?

日本の古いサッカーファンには、カリスマ的な人気を誇る釜本ですが、
週刊サッカーマガジンには、その存在さえも忘れさられてるようです。

漢字が違うじゃん(o´∀`)o クスクス
「釜本邦成」ってなってるけど、「釜本邦茂」ですから!残念!!

これ書いたのは、釜本に興味のないオレみたいな人間or「松永成立」のファンだな
間違いない。

ちなみに、釜本はJFA公認ではAマッチ最多得点だけど、

FIFA公認では、


カズだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド戦を前にして

もう一度、振り返っておこうではないか。
6月9日埼玉スタジアムにて、ドイツW杯アジア1次予選・日本vsインドが行われる。
ヨーロッパの親善試合4試合で、2勝1分1敗の成績を残した日本だが、今あなたはどう思う?
仮にインド戦で負けたら、あなたは「解任派」になる?それとも最後まで「擁護派」で涙を飲む?

たしかに、過去2戦日本は負けてはいない。だが、引き離してもいないのだ。
恐らく、オマーンもこのまま全勝でいくだろう。
4ヶ月後、今度はオマーンのホームで試合があるのだ。このままで行って、勝てれば問題ない。
その前にアジアカップのグループリーグで当たる。もしどちらも勝ち残れば、決勝や3決で再度当たる可能性だってある。
つまり、最大で4試合オマーンと試合をしなければならないのだ。そうなれば、オマーンにも情報はたくさん集まる。
よく日本では「10回やって2,3回勝てればイイ相手」と表現することがある。
それが、4試合もやったら?偶然は生まれるかもしれない。

さて、現状の成績をおさらいしておこう。
1位-日本 勝点6、得失差+2、得点3、失点1
2位-オマーン 勝点3、得失差+3、得点5、失点2
3位-インド 勝点3、得失差-3、得点2、失点5

注目すべきは、得失点差である。AFC及びFIFAのルールでは、CLやリーガで見られるような「当該成績」は、採用していない。
勝ち点が並んだ場合は、得失点差が先に優先されるのである。これを踏まえて、上の成績を見てもらいたい。
日本は勝ち点では3リードしているが、得失点差では2番目なのである。
勝ち点は1ゲーム差しかないのである。1度負けてしまったら、簡単にひっくり返せるのである。
これで、オマーンが日本戦で勝利すれば、当然順位が逆転しまう。

たしかに、今までは勝つことよりも内容を重視してきた。だが内容はついてこなかった。
ココに来て、そろそろ内容と共に結果も重要視しなければならないのではないか。
インドをナメているのではない。だが、得失点差で優位に立つことは、オマーンにプレッシャーを与えるのである。
簡単に勝つことはできない。だけど、「力を見せ付ける」必要もあるのだ。
3位のインドにも簡単に順位をひっくり返せる位置にいる。ましてや、もう一度対戦がアウェーで残ってるのだ。
インドに「まだ大丈夫だ」と思わせるのではない。力を見せ付けて、二度と甦らないようにする必要性があるのだ。

敵はオマーンだけで良い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別指定選手

JFA News

選  手:青山 直晃(アオヤマ ナオアキ)
(所属歴: ← スポーツクラブ岐阜VAMOS ← 一宮・毎日少年サッカースクール丹陽小)
所属元 : 群馬育英学園私立前橋育英高等学校
受入先 : 名古屋グランパスエイト
承認日 : 2004/06/01

ヾ(´~`; オイオイ
どう考えても通うの無理だろ

ちなみに、基準として
(4)認定基準 所属元(高校・大学・J以外のクラブ)、選手(保護者)、受入先(Jクラブ)の三者合意(所属元がJ以外のクラブの場合は通学する高校を含めた四者合意)による申請を受け、本協会技術委員会が選手の実績、顕著な優れた特長、成長過程など総合的に評価し、判断する。受入先となるJクラブは、当該選手の活動可能範囲(地域性を重視)に個人の高い能力をさらに伸ばす環境と公式試合積極登用に向けての具体的計画があることを条件とする

詳しくはひしゃく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死人に口なし

例の長崎の小学生殺人事件です。
いつの間にか、被害者の少女が悪者になってしまっています。
この事件に限らず、日本では死んでしまった者が、悪者になってしまう習慣があるようです。

わかりやすく、今回の事件を例にしますが、
まず、被害者と加害者がどんな関係であれ、『加害者が100%悪い』ということ。
正当防衛でもない限り、この原則を忘れてはいけない。
インターネット上で「悪口を言われた」だの、加害者の意見ばかりが先行してしまっています。
仮に、加害者の言うこと”全てが事実”だったとしても、それが=殺人をしてイイということにはならない。
無視したり、先生に告げ口したり(←小学生だし)、色々あるのではないか。

さて、今の報道を見る限り、被害者が悪くなってしまっている。
被害者のHPが閉鎖される前に、見ることができたが、どうも加害者が言っていることは”全てが事実”ではないと思われる。
たしかに加害者本人にしてみれば、自分が言われてるような錯覚に陥るのかもしれない。
だが、必ずしも加害者に向けて発せられた言葉なのかどうか。
しかも、加害者は悩んでいたと言いながら、呼び出したのも、ネットを使ってということだ。
普通、それだけウザかったら、二度と訪問しなかったり、アク禁にしたりするもんだろ。

この加害者は、被害者のHPにて、荒らし行為をしていたのも認めているそうだ。
本来、荒らしというのは、嫌がらせをする行為のことだが、この加害者は、いわゆる「ハッキング」をやっていたのだ。
被害者のHPのアイコンを、不正アクセスをして、削除したり変更したり・・・。
殺人罪以外にも、不正アクセス禁止法にも抵触しているのではないだろうか。

さて長くなってしまったので、そろそろまとめると・・・
加害者は計画的殺人を行い、殺意を抱いていた。
某TVで、「殺意を抱いていなんでは」と言っていた、おやぢども謝罪せよ。
それと最後に、インターネットは無罪です。この加害者の頭がおかしかっただけ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

nikkansports.com > サッカーTOP > セルジオ越後

nikkansports.com > サッカーTOP > セルジオ越後

引いた相手をどう崩してゴールをこじ開けるか」という日本の課題は、この遠征でも答えを出せなかった。宿題をヨーロッパまで持っていったが、再び持ち帰らざるを得なかった。次のインド戦の日本は、今回のイングランドの立場になるんだろうな。格下の相手の戦い方を学んだはずで、次に生かされなければ、この遠征も無駄になる。

ふむ、まさにココだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »