« 占いみゆきタソ激闘編 | トップページ | ビル様 »

サポーターとは何か?

サポティスタのタレコミで見つけた、「サポーター論争」。

サッカーのある幸せ」さんは、「チームを応援する人全てがサポーターである。
一方の、「サッカー蟻地獄」さんは、「『サポートする人』だけがサポーターであり、応援する人はファンである

まぁ、どちらの言い分も理にかなっている。
ただ、どちらかと言えば、前者が正しいと思う。
というのも、例えば、ゴール裏で声を出している集団、ここでは、「蟻地獄」さんの「コアサポ」という表現を使わせてもらうが、そのコアサポ以外にも、毎試合足を運んでいる人間もいる。
事実、各チームの公式ファンクラブや年間シートの割り当てを見ても、指定席が存在するし、ゴール裏にいるからサポーターというのは、絶対に違う。逆に言えば、コアサポという表現をゴール裏にいる人間に使ってもらっても構わない。
ソシオみたいなのに入っていて、スタジアムに来なければ、サポーターではないのだろうか?
ある意味、ソシオに加入していれば、資金面で貢献はできると思う。

コアサポは、ハッキリ言えば、自己陶酔者が多い。
それを、「サッカーのある」さんは、「排他的」という言葉を使って表現している。

掲示板やチャットを見る限り、コアサポを自称する人ほど、サッカーを知らない人間が多いと思う。
年齢的なことや地域的なことなど、様々な要因で、ファン暦に長短ができることは間違いない。
性格の問題もあるかもしれない。引っ込み思案の人に、無理やり「仲間に入れ」と言って、仲間になりたいと思うだろうか?
オレは「○菱の頃から応援している」とか、「日○の頃から毎試合」など、発言する人もいる。
だが、そのようなコアサポ達と、今、小学生や中学生などの若い人たちや、W杯に触発されてファンになった人たちに、優劣をつけるのはおかしい
例えどんな人でも、そのチームを応援する気持ちの部分では同じであるハズ。

G大阪や柏、鹿島あるいは横浜FMなど、様々なチームで、「サポーターの乱入事件」や「モノの投げ入れ」などが問題になった。
そこまでの「熱い気持ち」もわからなくはないが、そんな彼らを、「サポーター」と呼べるだろうか?
生活の一部までも犠牲にしてサポートする人もサポーターだし、一時的なブームに乗っている人もサポーターだと思う。
コアサポは自分たちのテリトリーを侵されたくないだけであり、それを、排他的と呼ばれた要因でもある。

そこで、「サポーターとは何か?
『サポーターとは、そのチームを応援する気持ちがあり、なおかつ自分の応援するチームを客観的に見ることができる人物』だと思う。
自分の応援するチームを非難されることは辛いだろうが、自分の応援するチーム全てを善だと思うのも違うと思う。
敵や審判にブーイングするだけでなく、自分の応援するチームの選手がラフプレーをしたときにもブーイングができる人物。
負けたからブーイングでなく、負けてもイイ試合だったら拍手をする人物。逆に勝っても内容が伴っていない時は、ブーイングできる人物。
そんな人が、真のサポーターだと思う。

|

« 占いみゆきタソ激闘編 | トップページ | ビル様 »

コメント

TBありがとうございます。
まず、お願いがあります。「」をつけて引用するときはきちんと引用してください。私は

「『サポートする人』だけがサポーターであり、応援する人はファンである」

こんなことは言っていない。要約なら要約と明記してほしい。要約でも間違っていはするのですが。

同じような言い回しで書くとしたら、

「サッカーを愛するすべての人はファンである。その中でサポートする人は『サポーター』である。」

と言う感じでしょうか。

また、あなたがスタジアムを客観的に見ることができるのであれば、文章も客観的に見られるはずだ。

私はファンやサポーターに優劣などつけてはいない。

・スタジアムに行く
・スポンサーの商品を買う
・家の門にチームの旗を掲げる
・ゴール裏で声を張り上げる
・選手を応援する
・周りの人にチームのすばらしさについて説く

これらすべてをサポートとして並列に語っているではないか。

> 掲示板やチャットを見る限り、コアサポを自称する人ほど、サッカーを知らない人間が多いと思う。

実際の人にお話を聞いてみては?
掲示板やチャットでコアサポを名乗っている人で、実際に自分のクリエイティビティを使って応援を形作っている人は数えるほどしか知りませんので。そのサンプリングはまったくといっていいほど無意味です。

投稿: 隊長 | 2005.01.26 02:29

難しい話ですね(´д`lll)
ファン暦が長かったらエライわけじゃないと思うのは同感でつYO(*´∀`)クスクス

投稿: サントス | 2005.01.27 08:21

>実際に自分のクリエイティビティを使って応援を形作っている人は数えるほどしか知りませんので。

だから、自分の生活を犠牲にしている人がエライって言ってるのと同じだってこと。

>ただ、絶対に「自発的な活動」でない限り、
サポートではない。したがって、サポーターではない。

自発的っていうのは、結局、「声」ってことでしょ?
>・スポンサーの商品を買う
これ「だけ」では認めていないわけだし。

それと「排他的」な理由の一つに、座席の移動は、認知してるようですが、それこそが、ファン暦が短いから、邪魔だから移動しろって言ってるようなもん。
「自由席」である以上、どんな人間がどこで見ようと問題ない。それを排除する権利は、コアサポにはない。

投稿: だぶるさん | 2005.01.27 10:14

> 自分の生活を犠牲にしている人がエライって言ってるのと同じだってこと。

別にたまにしかこなくても、クリエイティブに自分が考えた応援で周囲に認められている人も多いですよ。
僕の論の中で「年数」とか「回数」がサポーターであるかどうかを決める要因だと述べている箇所はありません。

> 自発的っていうのは、結局、「声」ってことでしょ?

違いますよ。

> >・スポンサーの商品を買う
> これ「だけ」では認めていないわけだし。

認めてますよ。
「サポーターは自発的にサポートする人だ」
これ以上の定義も、これ以下の定義もしていません。よく読むように。
ステレオタイプ持ちこみすぎです。きちんと読んで、その上でコメントするように。

> ファン暦が短いから、邪魔だから移動しろって言ってるようなもん。

ファン暦には関係ない。
長くいる人でも、迷惑ならお願いすることもあります。
「自由席」は確かにどこに座ってもかまいませんが、それによって他の人の自由を奪うのも自由と言うことですか?
極端な話、逆に「座っている人のど真ん中で太鼓を鳴らす人や飛び跳ねる人がいる」と、文句を言うでしょう?コアサポは自分たちも隔離しているわけです。
自由席である以上、「自らに由る行動をする」のがルールだと思っているのですけどね。私は。
選手が見たい人は最前列に行くでしょうし、旗を振る人も(チームによって違うが)最前列に行く。そういった、スタジアムの歴史によって作られてきた暗黙のルールを無視することは、自分たちの歴史を無視することと同意だと思いますが。

投稿: 隊長 | 2005.01.30 11:59

>コアサポは自分たちも隔離しているわけです。

だったら、もっと端っこの席とか行けば?
初めて来た人や、子供たちは、選手が間近に見える方がイイと思ってる。
それならば、譲ってあげるのも、マナーなんじゃないの?
あなたのいう応援方法でいけば、声が武器なんだから、どこでもできるでしょう。

>暗黙のルール
そういうルールも、コアサポが勝手に作ってるということを忘れずに。
同じカテゴリーの席である以上、どんな人も同じ扱いであるべき。
排除するんでなく、理解を求める。

あるチームの例でいくと、太鼓持ってる集団が、別ブロックに行っても、そこで叩いている。
そして、一般の客(ココではコアサポ以外)には、自費で作成したプリントを配っている。
プリントには、一緒に応援できるように、応援歌の歌詞やリズムなど書いてある。

とにかく、コアサポであろうと何であろうと、客である人間に、何かを「強制」する権利はない。
もし、危険を伴うようであれば、スタジアムで働いている人間が、きちんと対処するし。
極端な話、アウェー側にも、ホーム側サポ誘導するようになるし。

投稿: だぶるさん | 2005.01.30 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12918/2694192

この記事へのトラックバック一覧です: サポーターとは何か?:

» サポ論議について、考えてみる [余は如何にして道楽達人になりしか]
1月下旬に、また「サポーターとは、なんだろう」議論が、 Blog界の中で、起こっ [続きを読む]

受信: 2005.02.23 23:58

« 占いみゆきタソ激闘編 | トップページ | ビル様 »