« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

ファンダメンタル・ラブはもう鳴らない

ファンダメンタル・ラブ』という曲をご存知だろうか?
ELTこと、「Every Little Thing」後期(どっから後期なのかは知らんがなんとなく)の名曲である。バラード中心に衣替えした彼女たちが、久々に聞かせるロックサウンド。


Darling はやく会いにきて~
憂鬱なんか フキとばしてぇ~
そうよ だっていろんな愛は
今日もどっかで生まれている
それぞれの愛がこの地球(ほし)を救う


なんで、突然、この曲のことを語りだしたか・・・。
別に持田香織が復帰したことを祝ったわけではない。
この曲こそが、「みゆきタソ専用メール着メロ」だったわけなんですが。
ちなみに、「みゆきタソ専用TEL着メロ」は、ELTの『Dear My Friend』なんですがー。こっちは割りと有名だよね?



愛を失くしてる人達がいる 涙は枯れ果てた…
イメージなんて そんなモン
上っ面なだけで… ネぇ、何がわかるのぉ?


アレコレ好き勝手並べたら見失うばかりで
ホラね、言わんこっちゃない
罪無き意識は 皆むしばまれてゆく


何が言いたいかと言うと、つまりはそういうことですよ。奥さん。
いや何だか、人に「未練タラタラだな」と言われまくってますが、気持ち的には「50:50」なんです。



そんなのも おかまいなしに
この地球(ほし)は グルグルまわってく
必要ないモノまで付けて…
ほら今にも爆発しちゃうわぁー!!

今でも、ベストパートナーは、みゆきタソだと思っています。
なんだろうなぁ~・・・凄く合うんですよ。波長がw
突っ込み役のオレと、天然ボケのみゆきタソ。
どうしても諦めきれない出来事として、プレゼントしたぬいぐるみを、今でも持っていてくれること。
だから、可能性があるかもしれないと、待ち続ける。


Darling はやく会いにきて~
憂鬱なんか フキとばしてぇ~
そうよ だっていろんな愛は
今日もどっかで生まれている
それぞれの愛がこの地球(ほし)を救う


でも、もう半分は諦めモード。
何か、やる気のなさっていうか、仕事サボってまで美容院行くことに意味があるのかと。
別に居なくても、仕事に影響しないっていうか、オレがカバーできるからあれなんだけど、それにしても、あまりにも常識が無さすぎない?
しかも、パーマかけてきてんですよ。ぶっちゃけ、パーマってキライなんですよw
まぁそれはイイとしても、あまりにもオレに対するリスペクトを感じられない。前から本人にも言ってるんだけどね。
1ヶ月くらい、オレの下で全てを見せてやりたいくらい。
そうすれば、いかにオレが影で努力しているか、みゆきタソがやっている仕事が、オレから見れば一番簡単な仕事だけなのかをわかってもらいたい。



「清く、正しく、美しく」と教室に貼られていた
じゃあ おたずねしますけど
社会は「いつだって」そぉだったと言える?


今日もまた 背中を丸め
うつむいて歩く人の群れ
小っちゃな幸せさえも
気付けずにまた見逃しちゃうわぁー!!


結局、何がしたいかっていうのを、自分でもわかってないんですがwwww
解決方法が一つだけあります。
それは、とある会社の女の子に、全部を打ち明けることです。
実は、この女の子も、うはwwwwwwwwwwwwwwwおkwwwwwwwwwwwwwww
(注:別に、この子には恋心は一切なしでも、やらせてくれるんならヤル!)
ただ、まだ、この女の子も聞いてくれないのよ。そこが問題なんだが・・・



Darling はやく会いにきて~
退屈を笑ってしまえー
青空が続く限り 救われるコトもあるわっ
それぞれの愛がこの地球を救う


Darling はやく会いにきて~
信じれる強さになる
そうよ だっていろんな愛は
今日もどっかで生まれている
それぞれの愛がこの地球を救う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開幕1週間前恒例の!!!

順位予想大会キタ━━(゚∀゚)ノ│ 日 ● 本 │ヽ(゚∀゚)━━!!!!!!

ってことで、今年で4年目を迎える、順位予想大会。
今年は、ブログに舞台を移しての開催です。トラバによる対戦相手も募集ちぅ(笑)
さぁ、さっさとやっちまいましょう。

1位 横浜F・マリノス


ダントツです。
経験、選手層、実績何を獲っても、比類するものなし。
例え中澤が夏に、海外移籍したとしても、優勝は確実です。


2位 浦和レッズ
3位 東京ヴェルディ
4位 ジュビロ磐田

磐田はかなり願望込みです。浦和はキライです。東京Vは外人の出来次第。
4位までが、優勝争いをするようなチームだと思いますが、横浜を止めることを希望。

5位 ガンバ大阪
6位 サンフレッチェ広島
7位 ヴィッセル神戸
8位 FC東京
9位 名古屋グランパス
10位 ジェフ千葉

G大阪は内紛のゴタゴタで。広島も願望に近いものがあり。神戸は全員がケガなく過ごせれば。
FCはこのあたりっぽい。名古屋もこのへんっぽい。千葉は戦力ダウン大きい。
このクラスが上位を食わないようだと、盛り上がらない。

11位 鹿島アントラーズ
12位 清水エスパルス
13位 アルビレックス新潟
14位 川崎フロンターレ

鹿島は汚い。清水はカンコックが爆発できるか。新潟は負けない戦いしそう。川崎は3トップで取りこぼしをしない。
この辺は、一時期降格が危ぶまれる。

15位 大分トリニータ
16位 セレッソ大阪
17位 柏レイソル
18位 大宮アルディージャ

降格争いをする集団。
大分はかろうじて抜けそう。セレッソも攻撃力爆発でプレーオフ制す。柏はやっぱり降格。大宮も打つ手なし。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

わかっちゃいない

久しぶりにネタになりそうなものを見つけた。
きっかけは、サントシのブログのコメントからである。
あの悪名高い、『厨房コラム』の登場である。
簡単に、「厨房コラム」を紹介すると、2chでは、厨房=中学生(中坊)っていう意味がある。
要するに、中学生が書いたコラムだと、最初は思われていた。
だが、本当は中学生ではなかった。本人は、高校生だと言っているが、恐らくはただのヒッキーであろう。

さて、本題に入る。
問題の記事

サンフレッチェ広島が今シーズンのダークホースになるであろう」といった内容である。
この題目自体は、あながち間違ってはいない。個人的にもダークホースになりえる可能性はあると思っている。
ただし、それは「優勝争い」のダークホースではなく、「5位くらい」のダークホースである。あくまでも、優勝争いには絡まないが、そこそこの勝ち星をあげることができるのではないか?という程度である。

たしかに、厨房が言ってるように、「可能性を秘めたチーム」である。
下部組織である、広島ユース出身者が多く、森崎兄弟や駒野など、チームの主軸として活躍している。
だが、それが「=高校がダメ」というのには、繋がらない。
実際問題として、広島ユースは、まだA代表を送り出していないし、国見や市船には、A代表を送り出した(送り出している)という過去があるのだから。

広島ユースは、近年力をつけてきている。今までは高校の部活が幅を利かせていた構図を塗り替える勢いではある。
しかし、あくまでも、プロの世界(トップチーム)と、ユースチーム(高校の部活も)では、世界が違う。
ユースで日本一になろうと、それがプロとして通用するかどうか。
ユース出身だろうと、高校出身であろうと、1年や2年で解雇を言い渡される選手は数多く存在する。
かと言って、高校時代は全くの無名選手でも、頭角を現す可能性だってある。
問題なのは、どこの出身であるかではなく、プロになった後どうするかではないだろうか?

んで、最後にオレのサンフレッチェ論。
たしかに、若い選手の中に才能豊かな逸材が多い。だが逆に、精神的支柱になれるベテラン選手が不在なのが気がかかりだ。
勢いで連勝することもあるかもしれないが、歯止めが利かない連敗もありえるだろう。
選手層が厚いように見える一方で、決定打がないように感じる。つまり、誰でもイイ感じがする。絶対的な選手が存在しないとも言える。
可能性があるチームだが、もう一歩レベルアップが要求されるのではないだろうか。そのためには、経験豊富なベテラン選手と、経験豊富な監督が必要である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(TдT)アアァァァァァァァァァァア!!!!

人間、一度イヤなことを見てしまうと、とことんイヤになってしまうから、不思議です。
2週間くらい前のケンカ以来、最大限の努力をしてきましたが、やっとフッ切れました。
そうなると今度はウザイ!!!!

今まで、かばってきてあげたのに、本人はそのことさえ知らないだろう。
オレも、みゆきタソの側に立って、物事を考えてたし、みゆきタソの言うことも「正論」に聞こえてた。
だけど、実際、離れてみて、物事が見えてくると、やっぱり考え方が間違ってたことに気づいた。

オレが、今まで、どれだけかばってきてあげたかを、気づいてほしかった・・・
みゆきタソが仕事をサボってきた、ツケが回ってきてますよ。
でも、もう仲間でも、友達でもないんだね。

「仕事をやらせてもらえない」この言葉を、ずっと信じていた。。。
でも本当は違うんだよ。
みゆきタソは、「仕事ができない」だけなんだ。
周りの空気が読めない。優先順位を把握できていない。できる仕事が極端に少ない。


謝ってほしいわけじゃないけど、仲間を裏切った罪は重いよ。
それでも、たぶん許せちゃう自分が居るのが怖い_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうダメっぽ

ん~完全なケンカ別れっぽいなwww
ココではとても言えない、あることをされちゃいました(ノ´∀`*)テヘヘ

 大切に育てたい恋。しかし二人の相性次第で、その恋がうまく行くかどうかは判りません。あの人はあなたの思いを受け入れてくれるか否か。あなたの不安を占います。


 共通の長所、短所を兼ね備えた二人なので、初対面から違和感なく接することのできる組み合わせです。「わかるわかる」と言った感覚で会話もよく弾み、互いの楽しさや辛さ
を共有できますが、一度意見が対立するとちょっと大変。似た者同士ゆえに、どうしても譲り合うことができないようです。しかもお互いに頑固ときていますから、ケンカが長引いて、そのうち関係性も消滅…なんていう事態にも発展しがち。上下関係であればスムーズですが、年が近いと強力なライバルになる可能性も。

※※※ 石田千尋流 説法 ※※※
要するに、反面教師なんですね、あなたたちは。相手のイヤだと思うところは、あなたにもあるわけですから。そう思えば、ちょっと許す気にはならないでしょうか。人のフリ見て我がフリ直せの諺を実践できる貴重な相手ですよ。

 あの人とあなたとの関係、恋は今後どうなっていくのか。相手との未来に思いを馳せるあなたに、二人の今後を本命星から読み取り、語ります。

 ケンカをするとすごい二人です。日ごろの温和さからは想像もできないくらいの頑固さを長時間持ち続けます。巨岩が我慢比べをしているような状態になるのです。しかし基本的にはとても相性が良い二人なので、ケンカをしたときの対処法さえ発見すれば、未来は安泰でしょう。たとえば第三者に入ってもらうとか、あなたが折れるとか。派手さはないですが、とても温かみのある「コタツと猫」のようなカップルが誕生します。のんびりヌクヌクの二人は世間からも祝福されるでしょう。お祭りや遊園地でのデートがおすすめ。わたあめをほおばりながらの、そぞろ歩きは二人をしみじみとした幸せへと導いてくれます。お互いの家族にも紹介して、家族ぐるみのお付き合いを始めるのもよいでしょう。ファミリーの結束は幸せをより確かなものにしてくれます。


どうすれば相手の心を射止められるか。それはあなたの魅力を引き上げること。あなた自身が持つ魅力を教え、もっと相手を魅了するための方法を星に尋ねます。

好きな人にはとことん尽くし、ありのままの気持ちを示すことができるあなたは、誰の目から見ても「素直で魅力的な人」。今までその魅力で勝ち取ってきた恋も多いのでは? また、面倒見も良いし、モラルもあって経済観念もしっかりしているから、心密かにあなたと結婚したい! と思っている異性がたくさんいるかも。だけど時として、イイ子ちゃんすぎて面白味に欠けると人々から思われることもあるよう。もしあの人が今、あなたにあまり興味がなさそうな素振りを見せるなら、あなたのそんなところが原因の一つだと考えられますよ。「イイ子の何が悪いの!?」と思うかもしれないけど、人間って勝手なもの。ただのイイ子よりも、プラスαがあるとなお良いのです。だから、当然長所は残しつつも、あなたなりの個性を身に付ける努力をしなさい。ユーモアのセンスを磨くも良し、誰にも真似できない特技を身に付けるも良し。ただし、人の猿真似だけはしないように!


片思いから脱却し、想うあの人を手に入れたいと願うあなた。必要なのは一体なんなのか、彼の本命星から探りましょう。

彼は、気が弱くてズバリ「オクテ」。決して女性に対して強い態度に出ることはなく、いつもヘコヘコしている感じじゃない? なんでそんな男がいいの? とも思っちゃうけど、もちろん彼に素晴らしいところがあるからあなたは惹かれているんだよね。とにかく、そんな彼の心をつかむためには、あなたのほうからガンガンアプローチすることが最も効果的。彼は今までの人生の中で、女性から強く言い寄られたこともあまりないだろうから、あなたから積極的に歩み寄ればものすごく喜ぶはず。そして、「せっかく向こうから近づいてきた女性を、何が何でも手放すものか!」と言わんばかりに、その後はあなたに至れり尽くせりの状態になるよ。それに、根がマジメだから簡単に浮気をしないだろうしね。だからといって、彼をアゴで遣うなど、くれぐれも調子に乗らないように! 彼だってバカじゃないから、あなたが高慢な態度を取るようであれば離れていっちゃうよ。


あなたの恋の現在と未来。これから吉と出るか凶と出るか。どうすれば幸せな恋愛が出来るか、六十四卦をたてて、迷えるあなたの心を導きます。


【 現在の状態 】■ 第9の卦


風天小畜(ふうてんしょうちく)
女性はもてる相ですが、後々問題が起こりやすいので気をつけて。十分に周囲の意見を聞くように。色んな問題が起きやすく、気持ちが滞りやすいときですが、諦めないで、じっと辛抱。段々と良い運気がめぐってくるので心配しないで。


【 未来の指針 】■ 四爻

真剣な態度で臨むことが重要。やがて問題がたちさり、平和な時間がやってきます。恋愛でのごたごたも終わり、二人の愛を確かめ合えるときが間もなく訪れます。また、結婚に話が進む場合もあるので、このまま誠意をもって相手に向き合いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ会員証

20050215210055
ってことで、人生初のクレジットカード会員になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

噂の場所を求めて三千里

ネタ系新コーナー『噂の場所を求めて三千里』
だぶるさんが、ネットで噂の、あの場所を訪ねる、壮大な企画!?
第1回目の今日は、あの「愛生会」を訪ねてきたぞ!!
ちなみに、一里とは、「3.927km」らしいぞ。

ご存知の方もいるかもしれないが、「愛生会病院」というHPがある。

埼玉県久喜市にあるという。比較的ウチから近い。恐らく車で30分以内だろうと思い、ココへ行ってみた。
地図によると、旧大栗線(現さいたま栗橋線)の久喜駅入り口から入るとなっている。久喜駅から近いようだ。
さて、行ってみると、まず、久喜駅から直線になっているので、迷わずその道を通ってみる。
意外に個人病院が多く、総合病院のような、大きな建物がないなぁ~と思いながら走っていると・・・

20050212160015あったよ!!!


20050212155950いや~、あまりに目立たなくって、最初通り過ぎちゃったよ( ≧∀≦)ノ彡ギャノヽノヽノヽ!!
引き返してやっと、ハケーソ!!
なんか目立たなすぎです・・・オレの小学校の同級生のH君の家の個人病院より小さそうです。
「一瞬間違えたかな?」と錯覚してしまうほど、小さいです。


20050212155852けど、ココで間違いないようです。
病院のメイン玄関のところに、URLを看板にしてあるなんて、どこの病院でもやってないだろうな・・・
なんせ、「愛生会」っていう看板よりも、URLがあるんだから・・・


なんっつーか・・・元々、埼玉の中でも地味な存在である久喜市。病院も人が来なくなって必死なんだなと。
ココの病院側も、「愛生会病院」というHPが存在していることは、『公認』なようでして・・・。
実際のところ、とても駅前とは思えないほど、街が死んだようなのどかな場所で、ココに運ばれたら助からないんじゃないかという不安も・・・。

それ以前に、HPの奇抜さほど、病院自体は、ヘンじゃないというギャップに萌え。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ブログ1周年と1ヶ月記念

過去ログを整理しましたw
全ての記事に、カテゴリを設定しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勝てばイイってもんじゃない

何度同じことを繰り返せば済むのであろうか?
日本代表のことである。
毎年、年明けで0にリセットされるのはなぜであろう?

結果として「勝った」けど、「叩きのめして」はいないのね。
サッカー界には、こんな格言がある。
アウェーで蘇らせないために、ホームで叩きのめしておく必要がある
最小の得失点差で勝利したけど、北朝鮮から見れば「1-2なら、まだひっくり返せる」と思うだろう。

しかも、マズイことに、バーレーンvsイランが、0-0のドローで終わってしまった。
イランとしては、満足の結果だったと思うし、逆にホームで勝ち星を逃せない理由になり、バーレーンからすれば、ホームで引き分けてしまった以上、どこかアウェーで勝ち星をあげないとキツくなるわけで。

昨年のアジアカップのベスト4のうち、3チームが同じブロックに入った組み合わせ。
当然、日本以外のバーレーン、イランも「北朝鮮相手の2勝」は、計算に入れているハズ。
北朝鮮も早いうちに、「予選突破不可」になれば、キム様が、また何かやってくれるだろうし。

さて次は、来月行われる2連戦である。
アウェーのイラン戦の5日後に、ホームでバーレーン戦が行われる。
だが、ホームでバーレーンと戦うとは言え、日本は、「日本→イラン→日本」という道のりなのに対し、バーレーンは「バーレーン→北朝鮮→日本」と、時差が少ないのである。

最後に、中村俊輔が、チームメイトと離れて早々とベンチへ引き上げてきた。
この光景が、俊輔の反発心であるとすると、日本はぃょぃょ本気で考えなければならない時期に来たんではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ZONE解散!!

SANSPO.COM

まぁ、予兆はTAKAYOの脱退のときにあったのだけど、一番芸能界向きな性格をしていた、リーダーのMIZUHOの一言がキッカケとなっている。
たしかに、中学生の時にメジャーデビューして、高校生活も、普通とはちょっと違った生活をしていた中で、葛藤があったのだろう。
高校卒業が、イイタイミングだったのかなと思ってしまう。彼女たちが歌うのは、ちょっと切なくなる歌ばっかだったし、プリプリのようなオトナの心理でなく、あくまでも中高生を中心としていたのもあったのかもしれない。
今後、ヴォーカルのMIYUは、そのままソロを続けていくだろうし、途中加入したTOMOKAは、またローカルアイドルに戻るかもしれない。
MIZUHOは進学するような気がするし、MAIKOはそのまま普通の女の子になりそう。

オレの生まれが北海道だったし、だからと言って同じ北海道出身の白苺には萌えなかったわけですが。
ガールズバンドの中では、プリプリと双璧だね。
今でも着メロにつかってるし。
お台場のTV収録とか、クリスマスライブとか。
そいや、一時期、ZONEのファンサイトもやってたっけ・・・懐かしい想い出だな。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

北朝鮮?韓国?

WS000000

>>日刊スポーツ
2月9日は、南北ともにノックアウト! と行きましょう!!

ちょい待てって。
俺らが相手にするのは、『北朝鮮』であって、『韓国』じゃないぞ?
たしかに、韓国は色々汚いこととかやってるけど、日本の相手じゃない限り、「勝とう」と、「負けよう」と、知ったこっちゃねー。
なんでいちいち『南北』にする必要性があんだ?


「日本が北朝鮮に勝つ」ことが優先されるべきであり、むしろ「韓国には興味がない」が正しいスタンス。
「北朝鮮をノックアウト!」でもイイが、「韓国はご自由に」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より)

ってことで、いよいよ3日後に迫ってきた、W杯アジア最終予選!!!
会社の方も早退する予定ではありますが、ココでも恐らく、さむ~い試合見せられると思うと、憂鬱ではあります。
さて、ココは北朝鮮戦を前にして書いてあるのでありますが、やはり気になるのは勝敗。


そこで、だぶるさん的なシミュレーション。

2/9vs北朝鮮・H 1-2●
北朝鮮の迫力にまさかの敗戦。UGが再び立ち上がる。

2月下旬。
コインブラついに更迭。コーチ陣も全て解任。しかし、新監督のメドが立たず。カギを握るのは、H社長の日本を思う心なり。

3月中旬。
欧州に散った7つの巨星を、スクランブル体制で投入。
バラバラになった代表を、再び一つの集団にすべく、立ち上がったのは、快く貸し出してくれたH社長の心意気。

3/25vsイラン・A 2-2△
このグループ最大の難敵であるイランとのアウェー戦。1-2で迎えたロスタイム。日本を救う一発を放ったのは、N選手のFKだった。

3/30vsバーレーン・H 3-0○
絶対に負けられないこの試合。この日、日本を救ったのは、出場停止のS選手に代わり、スタメンに入ったO選手だった。思えば、1年前にもこんな状況あったっけ。

5月下旬。
守りの要であったN選手が、全治1ヶ月の負傷。

6/3vsバーレーン・A 2-0○
守りの要のN選手の代わりを務めたM選手が攻守に大活躍。自身もCKからヘッドで1得点と大活躍。

6/8vs北朝鮮・A 5-0○
初戦でまさかの敗戦を喫した日本だったが、アウェーでは実力の差を見せつけ、この試合で2位以内が決定し、3大会連続3回目のW杯出場が決定した。

6月中旬。
W杯予選突破を決めた日本は、各クラブとの協調を大事にし、これまで、代表に縁のなかった選手や試合に出てなかった選手たちを多数呼び、コンフェデ杯に挑む。

8/17vsイラン・H 3-1○
既にW杯出場を決めている両国の対戦。日本は欧州組を呼ばずに、国内組のみで対戦。
しかし、リーグ戦で絶好調の初キャップM選手が途中から投入されると、イランDFは太刀打ちできず。


4勝1分1敗 得点16失点2得失点差+14
アジア最終予選B組1位で本大会出場へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮戦を前に(政治的観点より)

なんだか色々と、日本のアホ政府が言ってたり北朝鮮のアホ協会も色々言ったりしていますが、W杯ってそんな甘いモンじゃないよ?
政府の圧力に負けてか、5000席も確保しちゃったりしてますが。

細田博之官房長官は二日午前の記者会見で、九日に日本で開催されるサッカーW杯アジア最終予選の日本対北朝鮮戦について「スポーツという政治と離れた世界の話だ。観戦に出掛ける人も、冷静に対応しサッカーを楽しむことをお願いしたい」と呼び掛けた。

( ゚д゚)ハァ?

政治と離れた世界なら、お前は出てくるなと。
そもそも、日本人サポーターは、そんなことどうでも(・∀・)イイ!
どんな国でも、どこの国であっても、我々の目的は「勝つ」ことであり、相手が北朝鮮であろうと、イラクであろうと、ホームでやる以上は、「負け」は許されないだけである。

さて、上記のように、日本は変に北朝鮮を意識しすぎではないだろうか?
観客席も、在日朝鮮人向けに5000席も用意しているらしい。
これは「アウェーで行われる試合に、日本人のために用意してね」っていう裏事情も見え隠れするけど、ぶっちゃけそこまでやる必要なし。
逆に、アウェーのサポーターは締め出すくらいの意気込みでやってほしかった。

例えば、昨年行われたアジアカップがイイ例じゃん。
決勝の中国戦で、日本人はチケットに関係なく1箇所に集められた。これは指定席を買った人も、自由席にうつされたのである。これくらいシビアでイイと思う。

ただ、日本人が「負けない」という気持ちと、北朝鮮人が思うことは、100%違う。
そこには政治的な思惑がある。
とは言え、万が一にも「負ける」ことはないと思うが、いや、ドーハの時も、誰もが「負けない」と思ってたんだよね。
サウジに引き分けたし、あとは楽勝だろうと。それがイラン戦でまさかの負け。
その後、韓国、北朝鮮を撃破し、1位で最終戦を迎えたんだから。。。

以降、「北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より)」に続く・・・・かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今気づいた

ブログ使い始めて

1年1ヶ月経ってた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うちのオカンが・・・

オレが新しいPC買う計画を知ると、うちのオカンが「今のPCちょうだい。PC教室通うから」とか言いやがるんですよ。
もうね、アホかとバカかと小一時間問い詰めたい。
まずね、お前はモノを得るのに、1銭も出さない気かと。
しかも、PC教室( ゚д゚)ハァ?  お前は、オレの実力をナメてるのかと。

PC歴12年、ネット歴6年のオレのスキルをナメるなと。
PCはNECのPC-9801シリーズから始まり、MS-DOS6.2、Windows3.1から、一太郎はVer6だった頃からやってんだぞと。
日本でYahoo!Japanに登録されてるサイトは、いっぱいあるけど、その中で「個人が経営するHPが3サイト以上同時に登録されている」人間がどれだけいるか。お前にはわかるまい。

まぁ、この今使ってるPCもやらんよ。
LAN構築して、ダウングレードしてWin98で使うから。
元々Win98がインストールされてるモデルだったし、MD編集に使うからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子サッカー

田崎真珠株式会社(TASAKIぺルーレFC所属)川上直子(27)が1月31日(月)付にて、弊社を退職し、2月1日(火)より日テレ・ベレーザへ移籍することが決まりましたのでお知らせいたします。

Lリーグ公式

Σ( ̄□ ̄||)えええっ!!

驚いたよ。ハワイさんの移籍。
基本的に女子の場合は、アマチュアなので、移籍=転職を意味する。
これはJFLにも通じる部分があると思うが、移籍が活発に行われる土壌がない。
そんな中での彼女の決断の真意をは?

あくまでも、現時点では推論だが「プロ契約」をするのではないか?
日本の女子サッカーで、プロ契約をしている選手は、澤穂希のみである。
名目上、日テレベレーザには、プロ契約選手が数名いるが、バイトをしていない選手となると、澤のみである。
そんな中、人気実力とも日本一である、川上直子の移籍。しかも、プロ契約を容認している、日テレベレーザへの移籍・・・。

正直、女子の場合は、日テレとTASAKIの2強である。
昨年のLリーグ優勝の浦和は、ある意味、代表選手をほとんど欠くことないのが幸いした形だ。
その点、2強からは当然のことながら、代表選手を数多く抱えるというリスクも伴う。
そんな中でも、「世界最高の右サイドバック」が移籍を決断したのである。
これは、ペルーレのレベルダウンを意味し、ベレーザのレベルアップも意味する。
つまりは、均衡が崩れるときが来た!?


さて、そんな中、もう一つ女子サッカーで触れておかなければならないことがある。
スペランツァ高槻の高倉麻子の引退
高倉麻子を知っている方がいるだろうか?
女子サッカーが、第1次ブームだった頃、日本代表や読売(現:日テレ)ベレーザで活躍したボランチである。
野田朱美、大竹姉妹を中心に、読売や日本を世界に導いた第1人者である。
もしかしたら、「日テレ系のスポーツ番組のサッカーコーナー」を担当していたので、それを見たことある人もいるだろう。
そう今思えば、澤がアメリカへ旅立つときに、高倉も同時に読売を離れたんだった。
とにかく、これで女子サッカーに一つの時代が終わることを意味する。
高倉さん乙カレー


P.S
丸山タソはドコ━━━━━━(゚∀゚ 三 ゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »