« 今気づいた | トップページ | 北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より) »

北朝鮮戦を前に(政治的観点より)

なんだか色々と、日本のアホ政府が言ってたり北朝鮮のアホ協会も色々言ったりしていますが、W杯ってそんな甘いモンじゃないよ?
政府の圧力に負けてか、5000席も確保しちゃったりしてますが。

細田博之官房長官は二日午前の記者会見で、九日に日本で開催されるサッカーW杯アジア最終予選の日本対北朝鮮戦について「スポーツという政治と離れた世界の話だ。観戦に出掛ける人も、冷静に対応しサッカーを楽しむことをお願いしたい」と呼び掛けた。

( ゚д゚)ハァ?

政治と離れた世界なら、お前は出てくるなと。
そもそも、日本人サポーターは、そんなことどうでも(・∀・)イイ!
どんな国でも、どこの国であっても、我々の目的は「勝つ」ことであり、相手が北朝鮮であろうと、イラクであろうと、ホームでやる以上は、「負け」は許されないだけである。

さて、上記のように、日本は変に北朝鮮を意識しすぎではないだろうか?
観客席も、在日朝鮮人向けに5000席も用意しているらしい。
これは「アウェーで行われる試合に、日本人のために用意してね」っていう裏事情も見え隠れするけど、ぶっちゃけそこまでやる必要なし。
逆に、アウェーのサポーターは締め出すくらいの意気込みでやってほしかった。

例えば、昨年行われたアジアカップがイイ例じゃん。
決勝の中国戦で、日本人はチケットに関係なく1箇所に集められた。これは指定席を買った人も、自由席にうつされたのである。これくらいシビアでイイと思う。

ただ、日本人が「負けない」という気持ちと、北朝鮮人が思うことは、100%違う。
そこには政治的な思惑がある。
とは言え、万が一にも「負ける」ことはないと思うが、いや、ドーハの時も、誰もが「負けない」と思ってたんだよね。
サウジに引き分けたし、あとは楽勝だろうと。それがイラン戦でまさかの負け。
その後、韓国、北朝鮮を撃破し、1位で最終戦を迎えたんだから。。。

以降、「北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より)」に続く・・・・かも

|

« 今気づいた | トップページ | 北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12918/2823640

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮戦を前に(政治的観点より):

« 今気づいた | トップページ | 北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より) »