« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

近況報告

仕事が忙しくって、特に何もないまま時が過ぎてしまっています。
こんばんは、管理人のだぶるさんです。

最近の近況を報告しちゃいます。

1.仕事が忙しい。
残業ばっかですw帰るのは大体22時過ぎになっています。
ほとんど友達とも会えません。会う気力すら残っていない状況です。
花粉症のアレルギー反応が「くしゃみ」から、「痒み」に変わってきました。
目が痒くて(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
┗(;´Д`)┛超目が腫れてたらしく、会社でも指摘されました(´Д`;)

2.ウイイレ8LEを買った
忙しいと言っておきながら、ゲームは買っています。
なぜなら、引きこもっているからm9(^Д^)プギャーーーッ
ルーターのポート開放がめんどかった。


3.家を購入(予定)


おやぢが、定年まで後5,6年なので、今がラストチャンスってことで、一軒家を購入するそうです。
もちろん名義はオレなんだけどw
ウチはビンボー+田舎なので、2500万円前後で結構デカイ家が買えます。
35年ローンを組む予定ですが、オレも定年前に35年経過するし、おやぢは35年以内に確実に死ぬんで、生命保険で返そうとオカンが言ってたw

| | コメント (12) | トラックバック (0)

07thシングル

首を寝違えたZONEディスコグラフィーの時間です。
ZONEの創世記が終わり、新たな可能性を引き出す転機となったのが、この『証』。
3パターンのジャケットで発売され、カップリングの入っていないver.は、500円というワンコインCDという初の試みをしました。


1.証
2.For Tomorrow
3.証(Backing Track)
4.For Tomorrow(Backing Track)


もし、あなたが死んで涙を流す人はいますか?
自分が自分であり続けるための理由は、そこには存在しないのかもしれない。
自分という存在は、他人に見られて初めて存在することになるのかもしれない。

『For・・・』は、そんな『証』の価値観をさらに発展的に捕らえている。
昨日までの自分にサヨナラを言い、明日への一歩を踏み出そう。
中途半端な生活よりも、良くても悪くてもメリハリのついた生活をやっていこう。という思い溢れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06thシングル

真実はいつも一つ!!ZONEディスコグラフィーのお時間です。


1.一雫
2.一緒にいたかった
3.一雫(Backing tracks)
4.一緒にいたかった(Backing tracks)

20世紀FOXの映画『アイスエイジ』の主題歌になった一雫。
そいや、この映画見に行きましたよ。太田さんのファンなんで。
未だに地上波で放映されてないんじゃない?w
この曲、実はメインボーカルのMIYUではなく、ギターのMAIKOがメインになっています。
カップリングの一緒にいたかったも良いです。
いや~っていうか、ZONEは『失恋ソング』の天才だと思いますよ。涙なしには語れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1stアルバム

世間は3連休。オレは日曜日のみの、だぶるさんがお送りしています。
好評ZONEディスコグラフィー。
メジャーデビューから1周年。彼女たちの初のオリジナルアルバムとなる、『Z』を紹介。

1.風のはじまる場所
2.GOOD DAYS
3.大爆発NO.1
4.世界のほんの片隅から
5.ボクの側に...
6.secret base~君がくれたもの~
7.オレンジの夕日
8.secret base~君がくれたもの~Piano ver.


アルバムには、メジャーデビュー後に発売された、4枚のシングルのA面が入っています。
この曲順が実に(・∀・)イイ!
とにかく、このアルバムには、彼女たちの若さというか、「透明感」が溢れています。
どれも聴いてほしい。どれも感じてほしい。そんな1枚に仕上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05thシングル

現在、恋人募集中のだぶるさんが、お送りしている、ZONEディスコグラフィー(´∀`人)キャッキャッ
このシングルから、ZONEもメジャーデビュー1周年を迎えます。

1.夢ノカケラ・・・
2.JET
3.夢ノカケラ・・・(Backing Tracks)
4.JET(Backing Tracks)


アルバム『Z』と同日発売のこのシングルですが、『Z』には収録されておりません。
このシングルから、方向性が若干変わった気がします。
アップテンポでもなく、ロックバラードでもなく、ミドルテンポの曲を中心にしていっています。
個人的には、JETはなかなかオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04thシングル

時代の流れはZONEに来ている!!
こんにちは、ZONEディスコグラフィーの時間です。
この時代、非公式ファンサイトを開設していた、ワタクシだぶるさんがお送りします。

1.世界のほんの片隅から
2.ボクらはサンタ
3.世界のほんの片隅から(Backing Tracks)
4.ボクらはサンタ(Backing Tracks)

2001年9月11日・・・アメリカNYを中心に、イスラム教の組織アルカイーダを中心にした同時多発テロが行われた。
後にこのテロがキッカケとなり、アメリカ軍は敵対するイラクに侵略し戦争を始めることになる。
この曲は、そんな事件がキッカケとなり、緊急リリースされた曲なのです。

遠い国で起きた戦争という悲劇。日本の自衛隊も、武力行使さえ伴わなければならない時代が近づいているのかもしれない。
そんな混沌とした現代に、ZONEの4人が投げかけたメッセージとは、物凄い小さいモノかもしれない。しかし、日常を「普通」として生活できることの大切さを改めて感じてほしい。

実は、この曲を前後してが、一番ZONEにハマっていた時期でもある。
ローカルTVに出演するのに、会場まで足を運んだり、クリスマスイベントに参加したりと、一番アクティブな時期でした。
メジャーデビュー後、初めて「バンドル」を捨てて、インディーズ時代に養ったダンスを披露した曲でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03rdシングル

MDに全曲詰め込んでる最中にお送りしています、ZONEディスコグラフィー。
いよいよ、ZONEを一躍有名にした、あの曲の登場です。

1.secret base~君がくれたもの~
2.新・僕はマグマ
3.secret base~君がくれたもの~(Backing Tracks)
4.新・僕はマグマ(Backing Tracks)


TBS系の人気ドラマ「キッズ・ウォー3」の主題歌として、この年の紅白歌合戦でも歌われた曲。
オリコン初登場19位ながら、徐々に徐々にランクアップ。
最高順位2位を記録し、11週連続TOP10入りとロングランを記録。
人気を不動のものとするとともに、広く一般に知られる存在となった。

率直な感想として、オレ自身は、あまりこの曲を気に入ってはいない。
メジャーデビューから2枚ともアップテンポのノリの良さを披露していたところに、スローテンポのロックバラード。
しかし、皮肉にも、この曲がZONEを広く認知させるほどの影響力を持つことになる。

「大爆発No.1」が同じ境遇を体験して同感したのに対し、この「s.b.」はあまり経験をしたことがない話だったのかもしれない。
だけどまぁ、ZONEと言えば、この曲と言われるくらい、試してみる価値はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02ndシングル

爆裂更新中のZONEディスコグラフィー。


1.大爆発NO.1
2.メイク ユア ムーヴ~行動をおこせ~
3.大爆発NO.1(Backing Tracks)
4.メイク ユア ムーヴ~行動をおこせ~(Backing Tracks)


バンドルという新たなジャンルを切り開いた彼女たちが送る珠玉の1枚がこの作品。
とにかく歌詞が泣かせます。今でも着メロに使ったりしていますw
史上最高の『失恋ソング』ではないでしょうか。

みんなのこと愛している 嫌われても愛している

ふ、深い!!このワンフレーズだけで涙モノです(TдT)アアァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!

ちなみに、この曲、後に名曲となるSMAPの「世界にひとつだけの花」の歌詞を、真っ向から反論している(ZONEの方が先に曲を発表していますがね)。
それが、この部分。
背伸びをしても No.1は素晴らしいのです
「世界にひとつ・・」では、「No.1にならなくてもいい」って歌ってますね。
でも、彼女たちは、無理をしてでもNo.1になるのはイイことだよと歌っています。

さらにスゴイ時代を先取りしたことに、こんなワンフレーズもあります。
ハッスルしましょうね No.2も忙しいのです
どっかのチキン君がやった間抜けなポーズmっ`▽´)


まぁ、こんなふざけた説明は置いといて、とにかく、この曲は、「ZONEがZONEらしさ」を出した最高の1枚だと思う。
フラれた時に聞いたら涙止まらなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

01stシングル

ZONE解散を記念してお送りするディスコグラフィー。
第2夜(つーても、今は昼間だけど)の今日は、メジャーデビュー曲『GOOD DAYS』を紹介。

1.GOOD DAYS
2.fortune
3.GOOD DAYS(Backing Tracks)
4.fortune(Backing Tracks)

インディーズデビューから、約14ヵ月後、待望のメジャーデビューが決定。
スタイルもダンスグループから、ガールズバンドに変え、音楽とビジュアルを兼ね備えた「バンドル」(バンド+アイドルの造語)という言葉を生み出した。
メジャーデビュー曲にも関わらず、『GOOD DAYS』は、エフティ資生堂「ティセラ トゥインクルドリーム」タイアップ曲として、『fortune』は、TOMY「chatty」のタイアップ曲としてCMでも流される。当時の平均年齢は、13.5歳。
作詞には、元Judy and Maryの「たくや」を迎えたアップテンポのナンバー。

オレがZONEを知ったのも、このCMで流されてた曲を聴いてから。
右下の隅の方に、曲名が表示されていて、速攻調べてレンタルしたっけ。
ZONEを好きになった理由として、歌詞の良さと、彼女たちのパワーがシンクロする。別に彼女たちが作詞したわけではないが、とにかく一度騙されたと思って、歌詞を見ながら、曲を聴くことを強くオススメする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

00thシングル

最近、仕事が忙しすぎて、特にネタもないので、解散間近のZONEの全曲紹介
(自分のためのアーカイブでもあるw)


1.believe in love
2.morning glory
3.僕はマグマ
4.believe in love(inst)

第1夜の今日は、インディーズ曲である『believe in love』を紹介。
インディーズレーベル時代に出した曲ではあるけど、意外にそこら辺のCD屋で売っていますw
ちなみにこの頃は、『バンドル』ではありません。
名前も本名を公開し、役割も4人とも、「Vocal&Dance」となっています。


このインディーズデビュー曲発売当時、平均年齢12.5歳!!
MIYUは、まだ小学校4年生でした。
メジャーデビューまで、まだ1年以上前の話です。

この頃は、日本の南の沖縄(アクターズスクール)に対抗意識を持っていたのでしょうか。
しかし、所詮は素人の女の子。ダンスで勝負はせずにバンドで勝負していくことに。
同じ時期に、北海道出身のガールズバンドである白苺が居ましたが、見事に競り勝ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZONEの終わりに

1ヤフオクで、現在発売中のCDを全て揃えました。
もちろん、多少かぶってるんですがw
ところで、そのヤフオクで落札した時の箱。まるで呪いのようです。






2拡大してみましょう。


皇太子ご夫妻の切手






(;´A`)ウソダロ…
これは、何かの陰謀ですか(ι㊥ω㊥)つ彡ギャハハハハハハハ!


そんなことで、今後のZONE
3/9~ シングル「笑顔日和」発売!!
4/13~ アルバム「E ~Complete A side Singles~」発売!!
5/18~ DVD CLIP集「ZONE CLIPS 03 ~2005 卒業~」発売!!
6/22~ LIVE DVD「ZONE FINAL in 武道館 2005/04/01 ~心を込めてありがとう~」発売!!

やっぱり4thアルバムは『E』だったね。まさか、本当に最後になるとは思わなかったけど・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

LOVE for NANA

NANA』っていう、マンガをご存知だろうか。
今、巷で大流行している少女マンガである。
「ナナ」という同じ名前を持つ女の子が、出会ったことをきっかけにルームシェアをして都会に住むという話。
今度、実写版映画としても公開されるほどの人気である。

さて、そのマンガの主人公である、大崎ナナは、バンドを結成しているという設定らしい。
そんな彼女に共感した、実在のアーティストが、トリビュートアルバムとして、CDを発売した。


nanaとにかくこのアルバム、┗(;´Д`)┛超豪華アーティストばっか。
解散間近のZONEを始め、Tommy heavenry6、木村カエラ、大塚愛、布袋寅泰etc.
創作総指揮にアルフィーの高見沢俊彦を迎えている。
いやね、今日フライングゲト━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!したんですが、残業でまだ聴いてないんですよw
でも、「買い」だと思いますよ。この豪華メンバーなら。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

車のカーナンバー

自分の車のナンバープレートの番号は覚えてないクセに、なぜかみゆきタソのは知っています。
簡単なのも理由にあるけど、ある事に気づきました。

みゆきタソの


誕生日!!!

誕生日をカーナンバーにしてたわけですね(´Д`;)
半年経ってから気づきましたwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日届いたし

楢崎がデザインした、タンブラーキタ━━(゚∀゚)ノ│ 日 ● 本 │ヽ(゚∀゚)━━!!!!!!
青です青です青なんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

同情するなら金をくれ

今日の昼休みに、買い物行ってきました。
最近、土日忙しくって、なかなか行けなかったので、昼休みを利用していってきました。

冬物の服を2枚、春物を1枚買ってきたんですが、合計で5900円くらいでした。
現金で払おうと、サイフを見てみると。。。


ご、5000円しかない!


Σ(`0´*)

どうしよウロウロ(((( ̄ェ ̄)    ( ̄ェ ̄))))ウロウロと思って、ふと前を見ると、カードの看板が。

「カードでいいですか?」
「いいですよ。何回払いにしますか?」
「1回で・・・・」

6000円くらいで、カードを使うハメになるとは_| ̄|○
みなさん、現金はよく確認しておきましょう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

花粉症の季節です。

今日、いきなり花粉症キタ━━(゚∀゚)ノ│ 日 ● 本 │ヽ(゚∀゚)━━!!!!!!
昨日までがウソのような、花粉症っぷり。
あまりにヒドイんで、昼休みに、よく効く薬を買いに行ってきました。
この薬、よく効きます。


が、


2時間でキレイさっぱり効果がなくなります。
それは素晴らしいくらい、キッチリと2時間です。
鼻水は止まるし、くしゃみも出ません。

副作用としては、眠気、口の渇きなどがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

方針決定

長らくご愛顧いただいた『自己満足なブログ』ですが、こちらの方は、一度国内サッカー関係の話題は封印させていただきます。
なお、今後、国内サッカーの話題は、『だぶるさんのサッカーだJ(仮)』に移動させてもらいます。こちらの方で、引き続きサッカーをご堪能ください。

そして、『自己満足なブログ』ですが、こっちは、完全にネタ系サイトにさせてもらいます。
いわゆる日記形式で淡々と綴っていきます。
ディープな話題、身内ネタの他にも、よくあるネタ系サイトの真似事のようなw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

重要なお知らせ

いつも、「自己満足なブログ」を読んでくれてありがとうヽ(*`Д´)ノ
低視聴率なこのブログですが、この春、順次リニューアルしていきます。
ブロガーとしてのキャリアも1年以上が経ち、ってよりも、仕事が忙しくなってきたので、全HPの再編をすることになりました。

つきましては、「自己満足なブログ」は、メインになります。
今までメインだった、「La Societa ラ ソチエタ」の方は、規模を縮小、ブログに統合することになりました。

サイト名に関しては、今のところ決まってません(TдT)アアァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!
どっちかのサイト名を残すか、または第3のサイト名にするか・・・

ってより、当分の間、手探り状態でやっていきます。
編集中に訪問された方には、ご迷惑をおかけします。

追伸
コメント欄に記入する際には、メルアド記入が必須となっています。
これは、ブログスパム防止の手段でありますので、捨てアドなどで結構です。「○○@.com」など適当でいいです
メルアドを表示させたくない人は、URLも一緒に記入すると、URL表示が優先されます。
http://yahooo.co.jp/ などでも入れておけば、メルアド表示されなくなって便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福西は神・・・の手!!

Jリーグ開幕キタ━━(゚∀゚)ノ│ 日 ● 本 │ヽ(゚∀゚)━━!!!!!!

澤登13年連続ゴールおめ
徳島J2初勝利おめ
G大阪( ´,_ゝ`)プッ

注目の優勝候補筆頭の横浜FMと、つまらないサッカーに変貌しそうな磐田の対戦。
攻撃陣に怪我人続出の横浜ですが、やはりというか予想通り、決定力不足ですね。
シュートに至る道程は、ほぼ完璧だけど、シュートが雑。

対する磐田は、補強した4選手をスタメンで使い、システムは昨年までとほぼ変わらず。
何度か、このブログで言ってますが、西はトップレベルに耐えれる人材ではないということ。
両サイドのマッチアップ(村井vs隼磨、西vsドゥトラ)は、完璧に負けていました。
サイドにボールが渡るんだが、縦への求心力が足りない
だからと言って、アーリークロスを正確に上げられる技術もない。
横浜の両サイドは、がむしゃらなまでに縦をついてきた。

西の最大の弱点は、守備の技術の無さ。
簡単にボールを取られるクセに、取られたあとに、すぐ後ろから足をかける。だからカードが異常に多いんだよ。
村井も、う~ん・・・やっぱトップレベルに耐えられる選手じゃないのかな。
もう少し様子見だけど、やっぱプレーが軽い。なんて言うか、「完璧な状態」でボールを持たないと、プレーがままならない。
例えば、名波とか前田がキープして、村井がサイドを駆け上がり、そこへスルーパスを出す。
それが通ってフリーになれば、ほぼ安心したプレーが見られるんだが、そのプレーが、少しでも長かったり、短かったり、あるいはフリーになれなかった場合、負ける回数が多い。
もっとわかりやすく言うと、昔のきのこみたいだなと。
プレーに幅がないんだよね。絶対的な型を持っているんだが・・・
守備力は前から噂されてた以上に、ヒドイね。3人で囲んでるときに、ファールしなくても( ゚д゚)ポカーン
まぁ、奥のキック精度がこの日悪かったのが幸いしたなwww

さて、その他の加入組である、崔龍洙、茶野ですが。
まずは崔龍洙。思いっきり大嫌いな選手ですが、やはり格が違うなと。
ポストプレーに確実性があるし、もう少しコンディション上がって、足元でもキープできるようになれば、誰が2トップに入っても、ムービングタイプなので、面白いかと。
茶野もまだかなぁ・・・まぁ対人プレーは強いけど、高さがねぇ・・・
あとは、サイドのカバー能力。村井の穴をうまく埋めて( ゚д゚)ホスィ

あと緊急補強した、キムですが。無理ですアイツはw
言葉の影響もあるだろうけど、まだ使えるレベルにはない。韓国代表らしいが、あのレベルじゃ( o_o)ジー
河村がもったいない(TдT)アアァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!


uporg52994でも、試合には勝ちました。
相手の決定力不足と、奥の不調に助けられ、後半終了間際に、福西の神の手キタ~~~~~~~(っ´Д`)っ~~~~~~~!!!!!!
審判( ´∀`)b GJ
勝てば内容なんていらないって、ジーコも言ってんだろ( ≧∀≦)ノ彡ギャノヽノヽノヽ!!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

Jリーグ開幕戦のポスター

サカマガの特集記事として、ポスター一覧が載っていたが、┗(;´Д`)┛超カッコイイ。
中でもやっぱ、横浜vs磐田は色合いがイイんじゃないかなと思う。
載っている選手の選考については、疑問符だが、見せ方は1番(・∀・)イイ!

パッと見面白いのは、G大阪vs大宮。
J1初参戦となる大宮を迎え撃つのは、J元年から優勝経験のないG大阪。
なかなか外人の顔が怖くて(・∀・)イイ!

そーいう意味では、マグノアウベスとワシントンの二人を載せた、大分vs東京V。
実はこの二人、日韓で行われた2001年のコンフェデレーションズカップで、「ブラジル代表」で、ともに無得点に終わっている。
そんな二人が見せる「ストライカーの真髄」(←ポスターに書いてある)実に楽しみだ。


わけわかんないのは、浦和vs鹿島。
「いきなり決戦」と書かれているが、正直「何が?」って感じ。

あとは、清水vs広島。
「組の名にかけて」って、「組って何?」って感じ。ヤクザですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »