« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

幹事会ぱ~とさん

昨日やってきました。
ってよりも、昨日の出来事。

会社へお別れの挨拶。お菓子持っていった。
洗車するのにGSに放置したら、余計なとこ直さないとダメだからって、25000円の出費。
幹事会やるために、Rさんを駅まで迎えにいく。
現場到着。
会話しねーから話が進まないんだよ!(苦笑)
ボス幹事が居ないと、みんな大人しいのか、人見知りするのか、進行役がいないw
一番盛り上がったのが、帰る間際ってヾ(´~`; オイオイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンチジーコ最後の提言

ジーコ最大の特徴。。。それは言うまでもなく、マスコミの操作術のうまさだと思う。
特に前任のトルシエが、異常なほどマスコミを煽り続けたから、余計にマスコミも、反応してしまうんだろう。
マスコミ的に「予告先発」なんて最高のネタじゃん?
前任のトルシエが「目を見て(鈴木を先発に)選んだ」とか、常人には訳のわからんこと言ってたのに比べれば、最高のネタになり、祭り上げられてしまったのが。マスコミの最大の功罪になるんだけど・・・

さらにマスコミが比較する時によく使うんだけど、『トルシエはシステムありき、ジーコは選手ありき』って言葉。
ハッキリ言えば、全く逆なのね。『トルシエは選手ありき、ジーコはシステムありき』であると。

よく考えてほしい。
トルシエはたしかに「3-5-2」というシステムの形しか採用しなかった。それとは逆にジーコは「4-4-2」と「5-4-1」をうまく使いわけている(ということにしといて)
だが、その中身はどうだろうか?
トルシエは70人近くの代表選手を招集し試してみた。ジーコはどうだろうか?

トルシエは選手一人に、複数のポジションで試してみた。
その中での収穫として、中田浩二のDFだったり、明神の右WBだったりするわけだが。
ジーコは、三都主と村井と西をSBに起用したくらいだろ?
それが正しい選択だったなんて言えるヤツ、まだこの日本にいるのかな?
磐田サポのオレから見ても、その起用はおかしいし、ましてやこの両名は代表レベルにはない。

オレが「トルシエが選手ありき」であると思うのは、
中村俊輔の代表落ちが、一番わかりやすいんじゃないかと思うよ。
今の俊輔とは比べ物にならないほど、あの当時の俊輔は、精神的にも肉体的にも弱かったもん。
中田ヒデを中心にすえるという方法でいくのであれば、左WBしかポジションはないわけで。
その場合は、小野(盲腸でパフォーマンスはよくなかったけど)とか三都主とかの方がマシだと判断はできる。

逆に「ジーコがシステムありき」だと思う理由は、
アジア予選だったかな?対イランだったか。田中誠が出場停止だったときに、3バックを採用せずに、4バックにしたときに、「田中誠が居なかったから」みたいな発言をジーコがしたんだけど、
それって要するに、「3バックが成立するには田中誠が必要」ってことになるわけで!!!
つまり3バックやるには田中誠が必要だし、4バックならば必要はない。
システムが先なのね。選手がそのポジションできるかどうかではなく、システムがあってそこに選手を埋め込む。

あとね「フラットDF=フラット3」って勘違いしてる輩いるけど、どちらかっつーと「フラットDF=4バック」のイメージの方が強いのね。オレなんかは特に、ミランの全盛期(バレージやオランダトリオがいたころね)や、94年W杯のアズーリ(特に決勝のブラジル戦のラインDFは涙モノ)が好きだからさ。

ラインDFって、めちゃくちゃ高度な戦術でさ、けど、「接触プレーなしでボールを獲得できる」唯一の方法なのね。
だから、日本みたいな身体的に劣るような民族でも、練習さえすればシェフチェンコからでもボールがとれるわけ(極端な表現だけどw)
でもたぶん、今はオフサイドのルールが劇的に変わったから、もうこの戦術を採用するようなチームは出てこなくなるだろうけど。

サイト見て回って見つけたんだが、「トルコに負けたのはトルシエのせい」
まぁ、ある部分はトルシエのせいだと思うけど、その理由ってのが「負けてるのに動かなかった」みたいな論調なのね。
個人的に、あの時点での日本のレベルは、所詮あそこまでだったと思うよ。
カンコックがベスト4まで逝ったから、それとの対比なんだろうけどさ。
トルコは間違いなく強かったし、三都主使った奇策も無意味だったけど、ミスから失点したわけだし。


まぁ、最後にまとめなきゃいけないんだけどさ。
結局、ジーコ居なくなったら、また0から代表作りなおさなきゃいけない。
谷間の世代と言われ続けた北京五輪組の奮起を期待しつつ・・・アジア大会とか、B代表結成してやらんかな?
10試合以上Aマッチ出場歴がある選手は対象外として、U-23をベースにするとか。
例えば、巻とか佐藤寿人とかはモチロンのこと、阿部勇樹や駒野のアテネ組を中心として、なおかつ北京を見据えて、増島や西川などの若手。年代的に谷間の世代っぽい清水の藤本とか、大学経由組。
小林大悟とか今めちゃくちゃイイ仕事してんぜ~。

実は過去に、「日本B代表」とか「日本選抜」とか結成されてるんだよね。
B代表は、当時U-25として澤登をキャプテンとして、永井秀樹や相馬直樹がいたり、選抜の方は森島や宮本、船越wとかがいたりして、何か小さな大会くらいは出てたんじゃないかな?
(ココで言う「日本選抜」とは、JOMOカップでの日本選抜vs外国籍選抜ではありません)

要するに強化には一貫性が必要だってことかな。
ジーコみたく、4バックやって批判されたから3バックやって、3バック成功したら、自分の好きなのに戻すみたいなヤリ方はダメってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジェル・ハート

シティーハンターの続編として、コミックバンチに連載しているエンジェルハート。
もっこりスナイパー冴場獠の数年後の話。
不慮の交通事故死により、パートナーだった槇村香が行った臓器提供者の相手は、殺し屋のシャインであった。

ってのが、あらすじなんだけど・・・


今日シティーハンターのアニメを見てて┗(;´Д`)┛超ビックリ


『エンジェルハート』


って言葉が、既に使われてたんですよ。

アニメ・シティーハンターの第1部。(GetWildがEDのシリーズね)
第25話「愛の国際親善?! ライバルはブロンド美人」

このブロンド美人こそ、「エンジェルハート」なんですねぇ~

ちなみに言っておくと、続編の『エンジェルハート』には出てこない言葉?なんだけど
(作品中シャインは、グラスハートというコードネームを持っている)

どうでもいいけど、海坊主が経営している喫茶店って、たしか「キャッツアイ」だったよね?
こちらも北条司の代表作品なんだけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコビ

20060420134127

チョコビがうますぎる件について
やっぱ、しんちゃんは偉大だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダーマ神殿

つーことで、今の会社辞めました。
アホばっかでしたありがとうございました。

ウチの会社は1年ごとの契約なんだけど、月給下げられた
役に立たないオバサンたちは、時給上がったのに、上のヤツらはほぼみんな下げられた。
底辺底上げするために、頂上を削れって(*'▽')あほか・・・・

集団で辞めてやったよ⊂二二二(^ω^)二二つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベースボールエキスパート

なんかYahoo!のネット検定見てたら、面白いモノをハケーソ!

http://cert.yahoo.co.jp/beginner/baseball.html

ベースボールエキスパートだって(;;´;;Д;;`)ハァハァ

ベースボールエキスパートとは、日本プロ野球名球会監修の野球に関する知識を問う認定試験です。

1級~3級あるんですが、今回はわけわかめな展開なので、ひとまず3級を選択m9(^Д^)プギャーーーッ
って有料かよ(´Д`;)・・・
まぁ500円だし(っ´∀`)ノOK牧場ってことでやってみました。

イキナリ受けれるっぽいです・・・15問でした。

結果・・・・

合格


野球なんてやったことないよ⊂二二二(^ω^)二二つ
中学校の体育ソフトボールの授業までグラブしたことがありませんでした。
(それ以降もしたことないけどw)
小学校時代に、ドッヂボールで肩を痛めて以来、サイドスローなので、投手以外できないよ⊂二二二(^ω^)二二つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成分分析

書くことがなく、更新が止まってたので、久しぶりに小ネタはさんでみました。
ネットで話題の、成分分析ってヤツです。
バッファリンの半分は優しさでできている。モウ半分は憎しみでできている。


だぶるさんの84%は魔法で出来ています
だぶるさんの7%は着色料で出来ています
だぶるさんの5%はミスリルで出来ています
だぶるさんの3%は成功の鍵で出来ています
だぶるさんの1%は理論で出来ています


メガンテ( ゚д゚)ハッ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »