日本vsオーストラリア戦展望

001
日本はジーコがやっと認めた戦術(逆を言えば4バックで挑もうとしてた4年間は無駄だった)
3-5-2。予告先発通りであろう。
GK川口、DF坪井、宮本、中澤、MF福西、中田ヒデ、三都主、駒野、中村、FW高原、柳沢







002_1

対するオーストラリアのシステムは、3-4-3。確定しているのは、ビドゥカと、3バックくらいだろうか?
GKは、ケガ明け(ほお骨骨折)シュウォーツァーか、試合感に乏しいカラッチか。
MFは、ケーヒルのケガの具合により、スココの投入もありえる。クリーナの位置にグレッラもありえる。
FWは、右のブレシアーノの位置に、アロイージ。もしくはキューウェルの状況次第でスタメンから外れる可能性も(練習試合には出てるけどね)






試合展開
最初のカギは、ズバリ、キックオフにあると思う。
日本ボールから始まるか、オーストラリアボールで始まるか。
オーストラリアボールで始まった場合、日本はボールに、一度も触れることなく、ゴールを許す危険性がある。

前半、日本は相手の当たりの強さに、ボールを収めることができない。一方のオーストラリアも、攻撃はドリブル一辺倒で、リズムを作れない。
前半20分過ぎ、三都主のバックパスをエマートンに拾われ、素早いセンタリング。ボールは中央に構えるビドゥカにピタリ合うも、ミートしきれず枠外へ。
日本の唯一のチャンスは、前半40分。相手CKからこぼれたボールを、中田が素早く拾い、中央をドリブルで駆け上がる。そして、前線に残ってた(残されていた)高原へスルーパス。だが、ボールに届かず、ゴールキックへ。
前半このまま均衡が破られないと思った矢先の44分。オーストラリアは、左サイドのキューウェルがドリブルで、サイドを突破。ビドゥガに中澤がマークにつくも、ボールはその後ろを走りこんできた、ブレシアーノへ。
日本は、前半0-1とリードされて、後半を迎える。

後半開始時、両チームとも選手交代はなし。
日本は、中村が狙われて思うようなパスワークができずに大苦戦。FKも前半1本と最大の懸念であった、大ブレーキになりつつあった。
一方のオーストラリアは、先制点を盾に、パワープレーに徹する。
後半20分、先制点をあげたブレシアーノに代わり、アロイージを投入。
これを見た日本は、残り15分になってようやく、2トップを入れ替える。
しかし、オーストラリアのパワープレーに根負けした日本は、三都主の守備ミスから、ビドゥカに突破を許し、PA付近から強烈なシュートが突き刺さる。
日本はロスタイムになって、小野を投入するも、万事休す。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日本について考えてみた

キリンカップで見事2連敗を喫したジーコジャパン( ´,_ゝ`)プッ
今更ながら、やっとジーコについて疑問の目で見る人たちが増えてきた気がする。
遅いんだよ(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!

結局、ジーコが就任して、2年半が過ぎて、何も変わってないわけですよ。
そもそもジーコ就任は、アンチトルシエ派(筆頭・川淵三郎)が掲げた『攻撃的サッカー』を実践するためだったのでは?
実際問題として、トルシエの時の方が、はるかに攻撃的(=得点力ではない)だったし、組織的に守られ、チームとしての完成度も高かった。(もちろん完成度に関しては、予選がなかった分も考慮している)
ケガ人が多いのは、過密日程のせいでもあるが、そのケガ人を招集し使い続けるジーコには、もっと問題がある。
昨日のキリンカップを例に挙げると、「なぜ中澤や三浦淳をアップさせた」のか。中澤も三浦アツも別メニューで調整させていたのに・・・
大事なのはキリンカップではなく、W杯予選のハズ。もしそこで、中澤や三浦淳を使って、予選で使えなくなったら、誰が責任を取るんだ?

ハッキリ言えば、ジーコは一番楽な時期に監督に就任したと思っている。
中田ヒデや、俊輔、小野など「黄金世代」は年齢的にも肉体的にもピークを迎えつつあるし、そのメンバーのほとんどがトルシエ時代にW杯という経験をし、なおかつ大久保などの若手も成長をしてきている。
アジア予選と言っても、ドーハの時とは比較にならないほど、楽な出場条件だし、スポンサー企業も、今や「W杯」という重要性を認識しバックアップをしてくれている。

親善試合や調整試合と呼ばれる試合で、一番重要なのは「内容」であったのに、「結果」だけを見てしまったマスコミ(特にテレ朝とフジ)とジーコと一部のファン。
内容さえ伴ってくれていれば、0-0の引き分けでも、0-1の負けでも満足していたんだ。
それが、内容も伴わない、薄氷の勝利のみで、ジーコがテングになってしまった。
2年半何も成長していない内容に気づいた時には、もう遅い・・・

ジーコを解任するタイミングは、本当に無かったのだろうか?
1回目は、03年のキリン杯とコンフェデ杯の2大会を取れなかった時。
2回目は、03年の東アジア選手権で、韓国に優勝された時。
3回目は、いわずとしれたオマーン、シンガポール相手に薄氷の勝利で、デモが起こった時。

それでも擁護してきた連中に問いたい
「アナタ方は、本当にサッカーが好きですか?」
目標は「W杯に出場する」ことではなく、「前回大会以上の結果を残す」ことであったハズ。
そこには、当然「W杯出場」という項目は含まれていて当然である。


んで、ここまで言うと、ジーコ擁護派は、必ず「誰が監督やんの?」って言ってきます。
それはもう、粘着の性格なんでしょう。

まず、ここでは、「どこでジーコを更迭するのか」というのが問題になります。
例えば、バーレーン戦直後に更迭の場合、ハッキリ言って、誰もやってくれません。
北朝鮮戦の直後に更迭の場合、「コンフェデだけを任せて、その後に誰かに決める」のか、「その後も継続させる」のかによって状況が違う。
臨時監督だけであるのであれば、恐らくは、JFAのスタッフの誰かがやることになるであろう。
しかし、W杯まで任せるのであれば、ぜひともJリーグの監督から引き抜くべき。

(以下引用)
1.代表もしくはクラブで監督として経験がある者(S級ライセンス保持、もしくは直ぐに発行される実績のある者)
2.アジアの特徴を掴めている
3.国内組、欧州組で分け隔てるのではなく、調子の良い者を優先的に使う
4.Jリーグ1位・2位のチームの選手からも召集して、バランスの良い人事ができる人物
5.コーチに日本人を置いても文句を言わない人物
(ここまで引用)

具体的に言えば、やはり岡田(現横浜FM監督)、オシム(現千葉監督)、上田(現湘南監督)、そして、ジーコ擁護派が最もキライなトルシエ(現マルセイユ監督)となるであろう。
現状として、オシムは年齢的に無理っぽいし、岡田はクラブ優先っぽい。上田は未知数なんだが・・・
トルシエのみが空きそうw
思い切って、ラモスにやらせるか?熱い魂見せ付けちゃう?


もう外国人に頼るサッカーは(×∀×) ヤダ!
日本代表は日本のモノだよヽ( ゚∀゚)ノ 逝け逝けー

隼磨を呼べ!永井を呼べ!服部公を呼べ!古橋を呼べ!駒野を呼べ!松田を呼べ!西沢を呼べ!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

Jリーグ開幕戦のポスター

サカマガの特集記事として、ポスター一覧が載っていたが、┗(;´Д`)┛超カッコイイ。
中でもやっぱ、横浜vs磐田は色合いがイイんじゃないかなと思う。
載っている選手の選考については、疑問符だが、見せ方は1番(・∀・)イイ!

パッと見面白いのは、G大阪vs大宮。
J1初参戦となる大宮を迎え撃つのは、J元年から優勝経験のないG大阪。
なかなか外人の顔が怖くて(・∀・)イイ!

そーいう意味では、マグノアウベスとワシントンの二人を載せた、大分vs東京V。
実はこの二人、日韓で行われた2001年のコンフェデレーションズカップで、「ブラジル代表」で、ともに無得点に終わっている。
そんな二人が見せる「ストライカーの真髄」(←ポスターに書いてある)実に楽しみだ。


わけわかんないのは、浦和vs鹿島。
「いきなり決戦」と書かれているが、正直「何が?」って感じ。

あとは、清水vs広島。
「組の名にかけて」って、「組って何?」って感じ。ヤクザですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

開幕1週間前恒例の!!!

順位予想大会キタ━━(゚∀゚)ノ│ 日 ● 本 │ヽ(゚∀゚)━━!!!!!!

ってことで、今年で4年目を迎える、順位予想大会。
今年は、ブログに舞台を移しての開催です。トラバによる対戦相手も募集ちぅ(笑)
さぁ、さっさとやっちまいましょう。

1位 横浜F・マリノス


ダントツです。
経験、選手層、実績何を獲っても、比類するものなし。
例え中澤が夏に、海外移籍したとしても、優勝は確実です。


2位 浦和レッズ
3位 東京ヴェルディ
4位 ジュビロ磐田

磐田はかなり願望込みです。浦和はキライです。東京Vは外人の出来次第。
4位までが、優勝争いをするようなチームだと思いますが、横浜を止めることを希望。

5位 ガンバ大阪
6位 サンフレッチェ広島
7位 ヴィッセル神戸
8位 FC東京
9位 名古屋グランパス
10位 ジェフ千葉

G大阪は内紛のゴタゴタで。広島も願望に近いものがあり。神戸は全員がケガなく過ごせれば。
FCはこのあたりっぽい。名古屋もこのへんっぽい。千葉は戦力ダウン大きい。
このクラスが上位を食わないようだと、盛り上がらない。

11位 鹿島アントラーズ
12位 清水エスパルス
13位 アルビレックス新潟
14位 川崎フロンターレ

鹿島は汚い。清水はカンコックが爆発できるか。新潟は負けない戦いしそう。川崎は3トップで取りこぼしをしない。
この辺は、一時期降格が危ぶまれる。

15位 大分トリニータ
16位 セレッソ大阪
17位 柏レイソル
18位 大宮アルディージャ

降格争いをする集団。
大分はかろうじて抜けそう。セレッソも攻撃力爆発でプレーオフ制す。柏はやっぱり降格。大宮も打つ手なし。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

北朝鮮戦を前に(サッカー的視点より)

ってことで、いよいよ3日後に迫ってきた、W杯アジア最終予選!!!
会社の方も早退する予定ではありますが、ココでも恐らく、さむ~い試合見せられると思うと、憂鬱ではあります。
さて、ココは北朝鮮戦を前にして書いてあるのでありますが、やはり気になるのは勝敗。


そこで、だぶるさん的なシミュレーション。

2/9vs北朝鮮・H 1-2●
北朝鮮の迫力にまさかの敗戦。UGが再び立ち上がる。

2月下旬。
コインブラついに更迭。コーチ陣も全て解任。しかし、新監督のメドが立たず。カギを握るのは、H社長の日本を思う心なり。

3月中旬。
欧州に散った7つの巨星を、スクランブル体制で投入。
バラバラになった代表を、再び一つの集団にすべく、立ち上がったのは、快く貸し出してくれたH社長の心意気。

3/25vsイラン・A 2-2△
このグループ最大の難敵であるイランとのアウェー戦。1-2で迎えたロスタイム。日本を救う一発を放ったのは、N選手のFKだった。

3/30vsバーレーン・H 3-0○
絶対に負けられないこの試合。この日、日本を救ったのは、出場停止のS選手に代わり、スタメンに入ったO選手だった。思えば、1年前にもこんな状況あったっけ。

5月下旬。
守りの要であったN選手が、全治1ヶ月の負傷。

6/3vsバーレーン・A 2-0○
守りの要のN選手の代わりを務めたM選手が攻守に大活躍。自身もCKからヘッドで1得点と大活躍。

6/8vs北朝鮮・A 5-0○
初戦でまさかの敗戦を喫した日本だったが、アウェーでは実力の差を見せつけ、この試合で2位以内が決定し、3大会連続3回目のW杯出場が決定した。

6月中旬。
W杯予選突破を決めた日本は、各クラブとの協調を大事にし、これまで、代表に縁のなかった選手や試合に出てなかった選手たちを多数呼び、コンフェデ杯に挑む。

8/17vsイラン・H 3-1○
既にW杯出場を決めている両国の対戦。日本は欧州組を呼ばずに、国内組のみで対戦。
しかし、リーグ戦で絶好調の初キャップM選手が途中から投入されると、イランDFは太刀打ちできず。


4勝1分1敗 得点16失点2得失点差+14
アジア最終予選B組1位で本大会出場へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も色々あったような気がする

2004年も残り1週間!!!(だよね?)
ってことで、今週1週間は色々なモノを振り返ります。

まずは、基本のサッカー編
私的J1ベスト11とか各賞とか

ベスト11は、当たり前ながら、3-5-2です。

GK榎本達也(横浜FM)
意外に評価されないんだよね。Jリーグの優秀選手にも選ばれてなかったし、サカマガのベスト11にも入らなかった。
だけど、GKは最低限全試合出場してほしいし、大きなミスも少ない気がした(スーパーセーブもないが)

DF中澤佑二(横浜FM)
文句なし。現在、日本最強のDFであるのは間違いない。

DF松田直樹(横浜FM)
ここ数年、気性の荒さが影を潜めたてきたが、今年は特に淡々と仕事をこなした印象。

DF山口智(G大阪)
正直、11人の中で一番迷いました。那須、闘莉王、土屋などの片方のステージだけ突出した選手と。
でも、地味ながら安定した力を発揮したので。

MF今野泰幸(FC東京)
年間50試合以上に出場したタフさを買いました。ぶっちゃけ瓦斯では力が発揮できないと思われる。
そうそれは明神のように・・・

MFドゥトラ(横浜FM)
このオッサンまぢでヤバイと思う顔が。

MF服部公太(広島)
ポジションかぶるんだけど、やっぱ外せないかなって思った。

MF山田暢久(浦和)
使うポジションは右ウィングバックで。昨年までは大したことなかったけど、キャバクラで開花したんじゃない?

MF奥大介(横浜FM)
えっと全ての意味において「うまい」です。

FW播戸竜二(神戸)
今、日本で唯一「飛び込める」FWだと思う。「飛び出す」FWはスピード系に多いけど、「飛び込める」のはコイツだけかなと。

FWエメルソン(浦和)
はっきり言ってキライですが、点が獲れるという意味では、ベスト11に選ばざるえない。大分あたりに行ったら応援するかも。


ベストゴール賞
2ndステージの浦和vs東京Vの永井雄一郎のドリブルシュート
まぁ、これも無難な選択だと思います。

パフォーマンス賞
柏vs広島の南雄太では、かわいそうなので、やっぱカズの3試合連続ゴール。
ゼブラカラーのホーム最終戦で見せた『カズダンス

期待ハズレ賞


イルハン


| | コメント (3) | トラックバック (0)

訂正しましょう♪

サカマガ編集部宛てに以下のようにメールをした。
ちなみに、オレは読売新聞の記事も訂正させた実績がある( ´艸`)ムププ


6月1日号の「シュー練、開始!」の「東京都・MN」氏(雑誌には本名載ってますが、伏字にさせてもらいます。)
の記事は間違っているので、事実確認と訂正文の掲載を要求します。
記事中に、柏のGK南雄太選手のことが載っています。

以下、本文より引用抜粋。
「柏で堅守を発揮しながら、これまで代表の縁がなく、トルシエ監督にもジーコ監督にも呼ばれたことがない。」
とあります。

まず「代表に縁がない」っていう言葉は、先日代表デビューした茶野選手のように
「各年代の代表経験がない選手」を指します。
ご存知の通り、南選手はWY2大会出場の他にもU-23代表としても、シドニー五輪本戦の出場はならずとも
この年代の一員として、アジア大会やアジア予選には出場しています。

さらに重要なのは、「トルシエ監督に呼ばれたことがない」という点です。
これは、A代表のことを指していると思いますが、トルシエ監督本人の意図はわかりかねますが、
少なくても1度だけ召集はされています。

それは、2001年11月に日本(埼玉スタジアム)で行われたイタリア戦です。
この試合、本来召集されていたGKは、川口選手と楢崎選手で、
試合3日前に川口選手が負傷し、曽ヶ端選手が代わりに召集され、
当日のスタメンは楢崎選手がやる予定でしたが、楢崎選手も負傷し、「南選手が召集」されています。
結果的にこの試合は、曽ヶ端選手が90分間フル出場しましたが、南選手は確実にベンチ入りはしています。
Aマッチ出場歴は、恐らくなかったと記憶していますが、事実に反するような記事が掲載されたことは、
南選手のファンとしては、残念な限りです。

GK川口の負傷でスタメン出場が確実視されていたGK楢崎が右足首を捻挫し離脱、柏のGK南が緊急招集された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜロンドンという名前のクラブがないのか?

蹴球往復書簡

そして、そんなイングランドの首都ロンドンにはプレミアリーグだけでもアーセナル、チェルシー、ウェストハム、チャールトン、トットナム、フラムという6つのクラブが存在している。一国の首都がこれほどまでにトップリーグに多くのクラブを保有しているのは、欧州でも極めて稀なケースである(例えば、フランスの首都パリにはパリ・サンジェルマン1つしかないし、イタリアの首都ローマにもASローマとラツィオの2つしかない。我らが日本に於いてもFC東京と東京ヴェルディ1969の2チームのみ。しかもヴェルディはその全盛期に川崎をホームタウンにしていたのは周知の事実である)。

ちなみに、イングランドを含むイギリス社会は言うまでも無く強固な「階級社会」を形成している。例え同じアングロサクソン系でも、家柄や職業、また住んでいる場所によって明確な選別が為されている。話している英語で「階級」が解るとも、「階級」によって行きつけのパブの内装が異なるとも言われている。そして、その首都ロンドンはそうした社会構成の縮図でもあり、パリ、ローマ、東京などでは考えも付かないような「人種」、「民族」、「階級」の棲み分けが厳格に為されている。従ってこのイギリスという国の、特に「イングランドのフットボール」は階級闘争の色合いが欧州で最も顕著であり、また実際の現実にも反映されていると言える。


┗(;´Д`)┛超ためになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)