10thシングル

待望のメジャー10枚目のシングルだよフォー!ZONEディスコグラフィーのお時間です。

1.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~
2.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~(TAKAYO Ocean Version)
3.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~(MIYU Ocean Version)
4.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~(MAIKO Ocean Version)
5.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~(MIZUHO Ocean Version)
6.H・A・N・A・B・I~君がいた夏~(backing track)

完全限定10万枚生産のためかどうかは知りませんが、この曲は1本に絞った感じです。
4人ともボーカルを務める別バージョンが収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINIアルバム

空を越えて~らららZONEディスコグラフィーの時間です。
さて前回のシングルで、「鉄腕アトム」の主題歌を歌った彼女たちですが、今回は、そのイメージminiアルバムとして、ZONEを中心に、所属事務所のRunTimeがオールスターズが登場しています。
中には、後にZONEの正式メンバーへと加入する、TOMOKAも、本名で参加しています。

1.科学の子(西村朝香)
2.空を越えて(神&瞬矢 form BON’Z)
3.星の彼方(半澤悠&栞)
4.アトムの子(TAKAYO from ZONE&Run Time All Stars)
5.誕生(鈴の音)
6.鉄腕アトム(ZONE&Run Time All Stars)
7.鉄腕アトム(インストゥルメンタル)

公式HPには、「スカパンクでカバーしました」って書いてありますが、よくわかりませんヾ(;゚д゚)
まぁ、要するに、「鉄腕アトム」の曲が、古い世代のなじみのある曲と、「true blue」じゃ、かけ離れすぎていて、クレームが来すぎたので、急遽カバーしたってことです。
さて、最初にも言った通り、このアルバムには、後にZONEの正式メンバーとなるTOMOKAも参加しています。
ほら、あの名前ですよ。奥さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9thシングル

21世紀になっても、アトムはできなかった。ZONEディスコグラフィーのお時間です。

2003年という激動の年を迎えた、最初のシングルは、アニメ「鉄腕アトム」のオープニングテーマにも採用されたこの曲。

1. true blue
2. 恋々・・・
3. true blue (backing Track)
4. 恋々・・・ (backing Track)

ZONE初の両A面シングルとなった曲。
『恋々・・・』は、本人達が出演した、「フルーチェ」の曲としてもおなじみですね。
『true blue』は、ロックでもバラードでもない、ポップな感じがとても良いです。
それは、今まで「大人の歌」を背伸びして歌ってた彼女たちが見せる、久しぶりの「等身大」の姿だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ndアルバム

ZONE待望の2ndシングル。その名も「O」。
そろそろ、アルバムタイトルが、「ZONE」で構成されそうな気配を感じ取った、ZONEディスコグラフィーのお時間です。

1. 証
2. さらりーまん
3. Sae Zuri
4. For Tomorrow
5. GO!
6. 夢ノカケラ・・・(Album Version)
7. +.-.×.÷
8. 一雫
9. confidentially
10. 足跡


シングルになった曲は置いといて・・・
ココでは、注目の各人のソロ曲に焦点を当てる。
TAKAYO『+.-.×.÷』 MIZUHO『GO!』 MAIKO『Sae Zuri』 MIYU『confidentially』

中でもMIZUHOの『GO!』は逸脱した出来。
彼女自身が持つ、明るさ、元気、優しさ。全てが詰まっています。
「どんな時も前向きに いつだって君は輝いているよ」

さらに、社会人に向けて送りたい、『さらりーまん』
これは30代前半の男性なら共感できるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08thシングル

いよいよ、本気で完結させるよ。ZONEディスコグラフィーの時間です。

1. 白い花
2. 空想と現実の夜明け
3. 白い花 (backing track)
4. 空想と現実の夜明け (backing track)


またまた、アルバムと同時発売ながら、このシングルは、2ndアルバムには収録されてませんでした。
この歌は、実話を基に構成された歌らしい・・・。
バラード調の曲でありながら、バラードにありがちな、悲壮感を感じさせない出来に仕上がってると思う。
ただし、これも例のごとく、読み取り方によっては「失恋」だと思います。
毎度のことながら、カップリングが聴かせます。
ちなみにカップリングは、脱退した元リーダーのTAKAYOが歌っており、脱退後はTOMOKAが歌っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07thシングル

首を寝違えたZONEディスコグラフィーの時間です。
ZONEの創世記が終わり、新たな可能性を引き出す転機となったのが、この『証』。
3パターンのジャケットで発売され、カップリングの入っていないver.は、500円というワンコインCDという初の試みをしました。


1.証
2.For Tomorrow
3.証(Backing Track)
4.For Tomorrow(Backing Track)


もし、あなたが死んで涙を流す人はいますか?
自分が自分であり続けるための理由は、そこには存在しないのかもしれない。
自分という存在は、他人に見られて初めて存在することになるのかもしれない。

『For・・・』は、そんな『証』の価値観をさらに発展的に捕らえている。
昨日までの自分にサヨナラを言い、明日への一歩を踏み出そう。
中途半端な生活よりも、良くても悪くてもメリハリのついた生活をやっていこう。という思い溢れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06thシングル

真実はいつも一つ!!ZONEディスコグラフィーのお時間です。


1.一雫
2.一緒にいたかった
3.一雫(Backing tracks)
4.一緒にいたかった(Backing tracks)

20世紀FOXの映画『アイスエイジ』の主題歌になった一雫。
そいや、この映画見に行きましたよ。太田さんのファンなんで。
未だに地上波で放映されてないんじゃない?w
この曲、実はメインボーカルのMIYUではなく、ギターのMAIKOがメインになっています。
カップリングの一緒にいたかったも良いです。
いや~っていうか、ZONEは『失恋ソング』の天才だと思いますよ。涙なしには語れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1stアルバム

世間は3連休。オレは日曜日のみの、だぶるさんがお送りしています。
好評ZONEディスコグラフィー。
メジャーデビューから1周年。彼女たちの初のオリジナルアルバムとなる、『Z』を紹介。

1.風のはじまる場所
2.GOOD DAYS
3.大爆発NO.1
4.世界のほんの片隅から
5.ボクの側に...
6.secret base~君がくれたもの~
7.オレンジの夕日
8.secret base~君がくれたもの~Piano ver.


アルバムには、メジャーデビュー後に発売された、4枚のシングルのA面が入っています。
この曲順が実に(・∀・)イイ!
とにかく、このアルバムには、彼女たちの若さというか、「透明感」が溢れています。
どれも聴いてほしい。どれも感じてほしい。そんな1枚に仕上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05thシングル

現在、恋人募集中のだぶるさんが、お送りしている、ZONEディスコグラフィー(´∀`人)キャッキャッ
このシングルから、ZONEもメジャーデビュー1周年を迎えます。

1.夢ノカケラ・・・
2.JET
3.夢ノカケラ・・・(Backing Tracks)
4.JET(Backing Tracks)


アルバム『Z』と同日発売のこのシングルですが、『Z』には収録されておりません。
このシングルから、方向性が若干変わった気がします。
アップテンポでもなく、ロックバラードでもなく、ミドルテンポの曲を中心にしていっています。
個人的には、JETはなかなかオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04thシングル

時代の流れはZONEに来ている!!
こんにちは、ZONEディスコグラフィーの時間です。
この時代、非公式ファンサイトを開設していた、ワタクシだぶるさんがお送りします。

1.世界のほんの片隅から
2.ボクらはサンタ
3.世界のほんの片隅から(Backing Tracks)
4.ボクらはサンタ(Backing Tracks)

2001年9月11日・・・アメリカNYを中心に、イスラム教の組織アルカイーダを中心にした同時多発テロが行われた。
後にこのテロがキッカケとなり、アメリカ軍は敵対するイラクに侵略し戦争を始めることになる。
この曲は、そんな事件がキッカケとなり、緊急リリースされた曲なのです。

遠い国で起きた戦争という悲劇。日本の自衛隊も、武力行使さえ伴わなければならない時代が近づいているのかもしれない。
そんな混沌とした現代に、ZONEの4人が投げかけたメッセージとは、物凄い小さいモノかもしれない。しかし、日常を「普通」として生活できることの大切さを改めて感じてほしい。

実は、この曲を前後してが、一番ZONEにハマっていた時期でもある。
ローカルTVに出演するのに、会場まで足を運んだり、クリスマスイベントに参加したりと、一番アクティブな時期でした。
メジャーデビュー後、初めて「バンドル」を捨てて、インディーズ時代に養ったダンスを披露した曲でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧